12月以降に開発が予定されている分譲マンション ~ 福岡地区・判明分

福岡地区で来月以降、開発が予定されている分譲マンション(判明分)は以下の通り。

ただしこれらの物件は、まだ建築戸数や販売価格、着工時期、などは公表されていない。

●サンヨーホームズ㈱(大阪市西区)
場所・福岡市早良区干隈5丁目15-20
現況・更地

●㈱プレサンスコーポレーション(大阪市中央区)
場所・福岡市博多区吉塚3丁目16-14
現況・旧建物解体中
期間・平成30年1月31日

●㈱プレサンスコーポレーション(大阪市中央区)
場所・福岡市中央区薬院2丁目13-2
現況・旧建物解体中
期間・11月22日

●積水ハウス㈱(大阪市北区)
場所・福岡市中央区高砂2丁目10-13
現況・旧建物解体中
期間・12月16日

●積水ハウス(大阪市北区)
場所・福岡市中央区大名2丁目12-5
現況・旧建物4棟解体中
期間・平成30年2月28日

●㈱アライアンス(福岡市中央区)
場所・福岡市南区大橋4丁目29-30
現況・更地

●㈱アライアンス(福岡市中央区)
場所・福岡市南区大橋4丁目29-4~7
現況・旧建物解体中
期間・12月25日

●㈱マリモ(広島市西区)
場所・福岡市博多区博多駅南2丁目3-39
現況・更地

●㈱長谷工コーポレーション(東京都港区)
場所・福岡市中央区桜坂1丁目15-9
現況・旧建物解体中
期間・12月22日

●㈱タイヘイ(北九州市小倉北区)
場所・福岡市博多区板付5丁目12-28
現況・旧建物解体中
期間・12月30日

天神ビッグバン ~ 大名小学校跡地開発

国内の政令都市の中でも、福岡市は高島宗一郎市長が次々に大きなプロジェクトを打ち上げ、いまや羨望の都市になっているようだ。

都心部再開発の決め手と期待されている「天神ビッグバン」、その中核になっているのが大名小学校跡地開発で、担い手としては地元企業グループや東京資本のグループなど、複数の企業体が構想を練っている真っ只中だが、ここにきて西日本鉄道を中心とするグループが急速に浮上してきた。

旧大名小学校が明治通りと直接接しているのはごく僅かで6メートル程度、その両側の中央消防署大名出張所と、現在は閉鎖されている市立青年センターを加えると65メートルとなり、さらにこの西側にあるオンワード樫山ビルが一体化して再開発されれば、間口は一挙に100メートル余りとなる。

大名小学校の東隣りで西鉄グランドホテルを経営している西日本鉄道が、そのオンワード樫山ビルを63億円で購入した。

そうなると次に注目が集まるのは、どこが建築するのかというところだが、なかなか売れなかったアイランドシティの広大な土地を購入して分譲や賃貸マンションを相次いで開発し、福岡市は足を向けて寝られない、頭が上がらない、積水ハウスグループが受注すると噂されている。

大濠地区の分譲マンション

福岡で高級住宅街といえば、お住まいの方々のいろいろな意見があるでしょうが、やはり浄水通りであり、大濠地区だ。

浄水通りは九州電力が原発の稼動停止で赤字が膨らみ、広大な敷地を積水ハウスに売却、分譲マンションだらけになってしまいましたが、大濠地区も似たようなもので、今年3月には最高裁判所が所有していた敷地362坪の戸建住宅地を、地場デベロッパーが10億円余りで落札しており、いずれ分譲マンションに替わることだろう。

大濠地区には、福岡の名だたる方々が戸建住宅に居住しておられ、マンションだらけになることは無いでしょうが、地上げの話しがいくつかあるのも事実で、中には戦々恐々の方々もあり、1つの家が口説き落とされないよう、両隣りやお向かいさんなど、ご近所さんと度々顔を合わせ、対抗しようとしている方々もおられるようだ。

西新1丁目と積水ハウス

既に店を閉めていた西新1丁目の、旧・博多もつ鍋「西條」の店舗が、6月28日までの予定で、ただいま解体工事の真っ最中だ。
木造2階建の店舗で、延床面積は171平方メートル。

解体しているのは積水ハウス。
すぐ思い浮かべるのは分譲マンションを建てるのか?ということだが、この西條の店舗だけでは、はなはだ狭いから難しい。

ところで、この店舗の北側に隣接する冨永薬局も既に廃業した。
ここも積水ハウスが購入したかどうかは未確認だが、西條が解体された後に、同じ業者が解体工事にかかるようであれば、積水ハウスが買ったということになる。
しかしそれでも分譲マンションを開発するには狭いし、南北に長い、ウナギの寝床状態だから商品にはならないだろう。

となれば、東隣りで現在も営業している、お魚屋さんとお肉屋さんがどう考えているか、ということになるだろう。
知人が話を聞いたところ、「売らない」ということだったようだ。

さて、積水ハウスはどうするだろうか。
しばらく、コインパーキングにして寝かせておいても十分な資金量は持っており、地場デベロッパーとは体力が違うから、「鳴くまで待とうホトトギス」といくのだろうか。

下は解体中の旧エルモールプラリバ。数年後にマンションに建て替わる。博多もつ鍋西條はちょうどこの建物の裏、クレーンが立っている先の辺り。

浄水通りにユウベルが結婚式場~施工・積水ハウス福岡マンション事業部

浄水通り沿いにあった旧・メルパルクホールは分譲マンションに生まれ変わり、薬院側にあった旧・九州エネルギー館も現在マンションに変身中で、近い将来、九電記念体育館も積水ハウスのマンションとなるため、福岡市のナンバーワン高級住宅街、浄水通りが積水ハウス通りになったと、かつて地場デベロッパーが嘆いていたのを聞いたことがある。


その浄水通りをさらに南へ200メートルほどいった右手には、旧・キッチンハウスがあったが、これも積水ハウスが購入して建物を解体、更地にしたのが一昨年の夏だった。
そのため、途中にある福岡市中央消防署が天神に移転すると、跡地は入札となり、また積水ハウスが買うのだろうなと思いながら、浄水通りを散策したのが一昨年の10月。


ところがこのキッチンハウス跡地、積水ハウスは分譲マンションを建てないようだ。

広島にあるユウベル㈱が、結婚式場を建てる。
工期は今年7月、竣工は平成30年3月を予定。

敷地300坪余りに建てる結婚式場は、鉄骨造りの地上2階建て、高さ14メートルの建物。
設計は東京の、㈲田中英介デザイン事務所。
施工は、積水ハウス福岡マンション事業部。
仮称・Wグランラセーレ浄水、となる。


上の写真は、浄水通りの、小城羊羹村岡総本舗福岡店

大濠で360坪の敷地~来年1月19日~入札

福岡の高級住宅地である大濠地区は、近年分譲マンション建築が活発だが、また新たなマンション開発計画が来年早々にも決まりそうだ。

大濠2丁目のど真ん中にある360坪土地で、築40年以上の家屋が建っている物件、近隣に居住している人によれば、過去にその家の広い庭でパーティが開かれている光景を何回も見たことがあるという。

この物件の最低価格は7億7600万円。
来年1月19日に入札が行なわれる予定だが、応札を三菱地所レジデンスと広成建設が検討している模様。

ただ、三菱地所レジデンスが応札するのは十分にわかるが、JR西日本系列の広成建設は、JR九州と異なり、マンション建築は受注するものの、自ら分譲マンションの企画開発はしないはず。

ではどこのデベロッパーと組むのだろう。
過去の実績で行くと、いくつか名前が浮かぶが・・・、さてどこでしょう、わかった人は手を挙げて!。


続きを読む

これから建築される福岡地区のマンション~判明分、その1












>> 横長の表はこちら

デベロッパー 物件名 概要 工事 備考
福岡地所㈱ 向野2丁目計画 A棟・寄宿舎 7階建 B棟・共同住宅 50戸 7階建 着工・平成29年3月
旧・秀巧社印刷跡地
福岡地所㈱ 西新2丁目計画 当初計画 21戸、12階建 解体・平成29年1月14日 既存建物 西新ハイツ
㈱リアン 仮称・リアン塩原 ワンルーム・20室 5階建 着工・平成29年1月 美里建設
JR九州 仮称・RJR西公園 ワンルーム・45室 10階建 着工・平成29年2月 設計フレームサークス
JR九州 仮称・RJR千代県庁口 ワンルーム・120室、ほか12戸 着工・平成28年11月 松尾建設
㈱フージャーズコーポレーション 西公園計画 42戸、15階建 着工・平成29年1月 旧・西公園アネックス、旧・西公園ビル解体中
㈱ランディックアソシエイツ 大楠3丁目計画 28戸、6階建 着工・平成28年12月 旧・平成自動車建物・解体中
㈱ランディックアソシエイツ 高砂1丁目計画 当初計画 36戸、13階建 解体・平成29年1月21日 FBS放送局近く、高砂1丁目交差点角
西武ハウス㈱ 既存建物解体 トクスイフーズテナントビル 解体 解体・12月9日まで 旧・トクスイフーズ、中央区港1丁目
穴吹興産 アルファステイツ吉塚駅東Ⅱ 当初計画 54戸、10階建 解体・11月24日まで 既存建物解体中
積水ハウスマンション事業部 草香江1丁目計画 エルファロデ草香江 解体 解体・12月27日まで 松尾建設

淺沼組~10年来高値!

個人的に知っている範囲内だが、㈱淺沼組(大阪市浪速区、淺沼健一社長)は現在、福岡で積水ハウスの分譲マンション「グランドメゾン」シリーズを3棟、つまりアイランドシティ照葉テラスセンターコート78戸とグランドメゾン高取1丁目17戸、およびグランドメゾン平尾プレイス26戸を建設中。

ところで同社の株価は、8月27日では年初来高値どころか、10年来高値である前日比45円高の333円を付けていた。

そこで今朝はどうだろうかと注目していたところ、午前9時の始値337円が直ちに338円になったはいいものの、9時40分の時点で314円まで低下、10時の段階では少し戻して320円。

平成28年3月期の第1四半期は前期比増収減益で、通期でも増収減益傾向は変わっていない。

1ヶ月前の7月31日(金)の時点では171円でしかなかったのだが、さていったいどういう理由で値を上げているのだろう。

下の写真は旧本社ビル

 
続きを読む

福岡都心部の高額マンション~誰が買う?

福岡市中央区の浄水通りから薬院、桜坂、赤坂、そして大濠、六本松など、福岡都心部では高額マンションが相次いで着工されている。
これらが竣工した暁には一挙に中央区の人口が増加、どこの小学校区に建物を振り分けるか、市役所は線引きの真っ最中だという。
そのすべてで価格帯が発表されている訳ではないが、業界関係者によれば、3LDKで5000万円は下らないだろうということだ。
その価格で売れるのかと一瞬思ったが、よく考えてみれば、高額所得者は全国にいるし、株価2万円で一段と増えており、また海の向こうには爆買いの中国人が溢れている。
中国バブルは崩壊が始まったと昨年来言われ続けているが、先日の春節の時期の訪日客の買物ぶりを見るとただ事ではない。
テレビ東京で「YOUはなにしに日本へ」というバラエティがあり、関空や成田で外国人に来日した目的を面白おかしく取材している番組がある。
再放送だったが、先日は「日本のお土産はなに?」という企画だったが、どういうわけか東南アジア、欧米人とも大多数が買っていたのが、キットカットの抹茶味、翌日、サニーで買って食べてみたが、あんまり好みではなかった。
番組の中でびっくりしたのが、日本の語学学校に短期留学していた19歳の女性で、父親へのお土産として「ひげそり」が5~6個、数10万の「時計」が5~6個」を含めて200万円弱買って帰ろうとしており、大型のキャリーバッグを買い増しし、それらを山積みしたカートを一人で2台、四苦八苦しながら使っていた。
話がそれた。
「虎もハエも叩く」習近平主席が汚職官僚を世界中に手配しており、バブルは崩壊したといわれる中国だが、まだまだ需要は期待できるということなのだろう。
だから前述の業界関係者によれば、販売先は中国人30%、東京20%、福岡以外の道府県人30%、地場福岡で販売するのは20%だという。
投資、つまり賃貸に回すという意味ですか?と尋ねたところ、福岡に100万円前後の家賃を払える高額所得者はほとんどいないから、福岡に遊びに来た時の仮の住まいで、実需ではない、仮需だよ、とのことだったが妙に納得できた。 続きを読む

放火~2度あることは3度ある~

昨年夏に新築開店の予定だった福岡銀行薬院支店は、引き渡し直前に工事現場で火災が発生、消火作業の影響により水と煙で内部の傷みがひどかったことから、建物はスケルトン状態に戻して内装を全面的にやり直していた。
火災そのものはボヤで済んだが、煙による匂いは消えず、窓を開放しての工事が続き、引き渡しの目途がついたのか、4月13日(月)から新店舗で営業開始する旨の通知が、1月末に取引先に送付された。
ところがその移転通知を確認したかのように、2月2日深夜2時前後、新しい建物の裏側で可燃性の油がまかれ放火されたが、幸いに通行人が発見して大事に至らず、今回もボヤで済んだようだ。
昨年夏のボヤは建物内部への放火で、犯人と思われる女性の姿が防犯カメラに残っていたようで、その後ガードマンを増やして警備していたものの、建物外部に防犯カメラは設置されてなく、最初の犯人も逮捕されていない中での今回の事件であるため、余程の恨みがあったのかという気がする。
建築は五洋建設が請け負っているが、電気工事に関しては銀行推薦の業者が敬遠されて、一次下請けや二次下請けの問題で、同業者間での調整が上手く行っていなかったようだ。
そのため昨年の火災では、電気工事のミスとの説も流れたが、今回は外部に仮設の電気設備があるにも関わらず、そこへの放火ではなかった。
2度あることは3度あるの例えがあるように、引越しの時など関係者はくれぐれも用心する事だ。