官民共働型スタートアップ支援施設~「FUKUOKA growth next」オープン

国家戦略特区の「グローバル創業・雇用創出特区」として指定を受けている福岡市は、福岡地所、さくらインターネット、アパマンショップホールディングスの3社が共同で提案した、官民共働型スタートアップ支援施設の「FUKUOKA groeth next」を、旧大名小学校を活用して、4月12日にオープンする。

ここでは、新たにスタートする企業や中小企業での第二の創業への支援を行うもので、投資会社との連携や交流会の形成、インターネットインフラ(さくらのクラウド)の無償提供、人材育成やマッチングなどのさまざまなサポートを行なう。
そして
施設内には「スタートアップカフェ」と、「福岡市雇用労働相談センター」も同時にオープンする。

【概要】
◇日時:4月12日(水) 11:30 受付開始11:00
◇会場:FUKUOKA groeth next 旧大名小学校
◇内容:①テープカット ②市長挨拶 ③関係者挨拶 ④施設概要説明 ⑤スタッフ紹介など

◆出席者:
福岡市長 高島宗一郎
◇FUKUOKA growth next
福岡地所㈱ 榎本一郎社長
さくらインターネット㈱ 田中邦裕社長
㈱アパマンショップホールディングス 大村浩次社長
◇スタートアップカフェ
㈱九州TSUTAYA 鎌浦慎一郎社長
◇福岡雇用労働相談センター
代表弁護士 田邉俊
その他関係者出席予定

これから建築される福岡地区のマンション~判明分、その1












>> 横長の表はこちら

デベロッパー 物件名 概要 工事 備考
福岡地所㈱ 向野2丁目計画 A棟・寄宿舎 7階建 B棟・共同住宅 50戸 7階建 着工・平成29年3月
旧・秀巧社印刷跡地
福岡地所㈱ 西新2丁目計画 当初計画 21戸、12階建 解体・平成29年1月14日 既存建物 西新ハイツ
㈱リアン 仮称・リアン塩原 ワンルーム・20室 5階建 着工・平成29年1月 美里建設
JR九州 仮称・RJR西公園 ワンルーム・45室 10階建 着工・平成29年2月 設計フレームサークス
JR九州 仮称・RJR千代県庁口 ワンルーム・120室、ほか12戸 着工・平成28年11月 松尾建設
㈱フージャーズコーポレーション 西公園計画 42戸、15階建 着工・平成29年1月 旧・西公園アネックス、旧・西公園ビル解体中
㈱ランディックアソシエイツ 大楠3丁目計画 28戸、6階建 着工・平成28年12月 旧・平成自動車建物・解体中
㈱ランディックアソシエイツ 高砂1丁目計画 当初計画 36戸、13階建 解体・平成29年1月21日 FBS放送局近く、高砂1丁目交差点角
西武ハウス㈱ 既存建物解体 トクスイフーズテナントビル 解体 解体・12月9日まで 旧・トクスイフーズ、中央区港1丁目
穴吹興産 アルファステイツ吉塚駅東Ⅱ 当初計画 54戸、10階建 解体・11月24日まで 既存建物解体中
積水ハウスマンション事業部 草香江1丁目計画 エルファロデ草香江 解体 解体・12月27日まで 松尾建設

旧秀巧社印刷大橋工場跡~建築されるのは?

かつてタウン情報誌の草分け的な存在だった、「シティ情報ふくおか」を発行していたのは秀巧社の子会社で、また渡辺通りでは磯崎新の設計でギャラリーを建てたこともある旧秀巧社印刷(福岡市南区向野)は、最終的にダイアモンド印刷に合併されて、今年1月1日からはダイアモンド秀巧社印刷㈱(福岡市東区松田)として稼働、向野にあった工場は閉鎖された。
その旧工場と事務所がお盆明けの8月17日から解体工事に取り掛かる。
工期は来年の3月20日。
敷地面積は1400坪余り。
西鉄大橋駅から400メートルほどで徒歩5分程度の距離、現在の所有者は福岡地所、無担保であることから、分譲マンションが開発されるのかと思ったが、どうやら建築されるのはファミリータイプの賃貸マンション、100戸のようだ。


続きを読む

福岡都心部の高額マンション~誰が買う?

福岡市中央区の浄水通りから薬院、桜坂、赤坂、そして大濠、六本松など、福岡都心部では高額マンションが相次いで着工されている。
これらが竣工した暁には一挙に中央区の人口が増加、どこの小学校区に建物を振り分けるか、市役所は線引きの真っ最中だという。
そのすべてで価格帯が発表されている訳ではないが、業界関係者によれば、3LDKで5000万円は下らないだろうということだ。
その価格で売れるのかと一瞬思ったが、よく考えてみれば、高額所得者は全国にいるし、株価2万円で一段と増えており、また海の向こうには爆買いの中国人が溢れている。
中国バブルは崩壊が始まったと昨年来言われ続けているが、先日の春節の時期の訪日客の買物ぶりを見るとただ事ではない。
テレビ東京で「YOUはなにしに日本へ」というバラエティがあり、関空や成田で外国人に来日した目的を面白おかしく取材している番組がある。
再放送だったが、先日は「日本のお土産はなに?」という企画だったが、どういうわけか東南アジア、欧米人とも大多数が買っていたのが、キットカットの抹茶味、翌日、サニーで買って食べてみたが、あんまり好みではなかった。
番組の中でびっくりしたのが、日本の語学学校に短期留学していた19歳の女性で、父親へのお土産として「ひげそり」が5~6個、数10万の「時計」が5~6個」を含めて200万円弱買って帰ろうとしており、大型のキャリーバッグを買い増しし、それらを山積みしたカートを一人で2台、四苦八苦しながら使っていた。
話がそれた。
「虎もハエも叩く」習近平主席が汚職官僚を世界中に手配しており、バブルは崩壊したといわれる中国だが、まだまだ需要は期待できるということなのだろう。
だから前述の業界関係者によれば、販売先は中国人30%、東京20%、福岡以外の道府県人30%、地場福岡で販売するのは20%だという。
投資、つまり賃貸に回すという意味ですか?と尋ねたところ、福岡に100万円前後の家賃を払える高額所得者はほとんどいないから、福岡に遊びに来た時の仮の住まいで、実需ではない、仮需だよ、とのことだったが妙に納得できた。 続きを読む

こども病院PFI事業者は決定済み!?(2)有名地元企業K社の名前

(09年11月号掲載)

福岡市役所だが先述の通り、事業者選定に関する審査は第3者である有識者が行うことになっている上、応募者やその関係者が事業に関して有識者と接触することは禁じられている。

このため、選考の過程で外部の意向が入り込む余地はないように思えるが・・。

「ですが、一部のベテランが『支持者をPFI事業に参加させた方が得策だ』と、反対派を説得したのは間違いない」(同)。


続きを読む

こども病院PFI事業者は決定済み!?(1)暗躍する一部自民市議

(09年11月号掲載)

福岡市立こども病院(中央区唐人町)福岡市立こども病院(中央区、写真)の人工島移転問題。本紙は先月号でPFI事業縮小の裏側で展開された、事業参加をにらんだと思われる自民市議団の動きについて報じた。これについて「詳しく知りたい」という読者の声が寄せられた。 

そこで今回は、事業者決定までの過程についておさらいした上で、「すでに決まっているのでは」とされる企業や一部自民市議の思惑などについて、あらためて詳述したい。 


続きを読む