安全施設㈱・佐賀市~営業停止・指名停止・一般競争入札参加資格認定取消

安全施設㈱(佐賀市大和町川上153-1 代表者西富幸一氏)は、平成28年7月31日基準日の決算書で、借入金などを過小に計上、逆に売上は水増しした粉飾決算書で、官庁に指名願いを提出したことが発覚、佐賀県、佐賀市、そして国土交通省九州地方整備局から、以下処分を下された。

佐賀県 営業停止 45日間 平成29年5月15日から6月28日
佐賀市 指名停止 5ヶ月間 平成29年5月12日から10月11日
九州地方整備局  認定取消 平成29年6月2日

福岡市・指名停止~トヨタL&F福岡

福岡市は下記の企業に対し、競争入札参加停止措置を行なった。

○措置対象業者
商号:トヨタL&F福岡㈱
所在:福岡市博多区東比恵4丁目5-14
代表:金子 直幹
登録:物品(自動車販売、自動車修理、産業用機械器具)
期間:平成29年5月1日から6月30日まで・2ヶ月間

○概要
契約件名:リーチタイプ電動フォークリフト
契約金額:199万8000円(税込み)
履行場所:福岡市地下鉄姪浜車両基地
履行期間:平成28年12月12日から平成29年3月21日まで
完了期日:平成29年4月19日
遅滞日数:29日
遅延損害:4444円
遅滞内容:機器製作メーカーに対し誤った仕様による制作を指示していたため、再製作が必要となり、履行期間内の納品が出来なかったもの。

細川建設~粗雑工事で指名停止

福岡市は先月13日の福岡市地下鉄貝塚駅での信号故障の原因が、下記の工事業者の過失による粗雑履行だと認定、さらに後日にも天窓を修繕中にガラスを落下させたことで契約を解除、6ヶ月間の指名停止処分とした。

措置対象業者
商号:㈱細川建設
本社:福岡市東区原田1丁目21-32
代表:細川 憲明
登録:工事(建築D)
期間:平成29年1月18日から平成29年7月17日まで6ヶ月間
概要:
工事件名 貝塚駅内外装仕上改良工事
契約金額 1866万4560円(税込)
履行期間 平成28年12月9日から平成29年3月8日まで
経緯:
地下鉄箱崎線貝塚駅で発生した信号故障の影響で、一部運休等を発生させた原因が、上記工事の現場調査中に使用した鋼製巻尺が電車線に接触したことによるものであることが判明した。
また、後日天窓修繕中、エスカレーター付近にガラスを落下させる等し、契約解除に至った。

同一物件施工中に、2度も事故を引き起こすとは・・・・。業歴25年の工事業者とは思えません。

大成印刷~長時間労働で指名停止

むか~し昔、とはいっても30年余り前の話。
もともと活版印刷が本業だったのだが、時の流れの中でオフセット印刷に移行しようとしていた吉塚の印刷屋で、外回りの仕事をしていた頃、印刷技術に関してはまったくの無知だったが、大成印刷や丸王印刷は新しい大型機械を次々に導入して、扱っている印刷物の次元が違うなとか、ごく単純にすごいなと思っていたものだった。

しかし、会社の規模が大きかろうが、小さかろうが、原稿の整理などで夜8時とか9時頃まで仕事をしていたのはざらだった。

だから、今回のように長時間労働で指名停止というのはピンと来ないのだが、30年という時の流れの結果なのだろう。

ところで、年度末の今の時期は、昔の経験からいくと、来期の定期印刷物の入札が数多くあったはずだが、今でもそうなのだろうか?

措置対象業者
商号:大成印刷㈱
本社:福岡市博多区東那珂3丁目6-62
代表:清家 邦敏
登録:委託(広告宣伝、情報処理)
物品(一般印刷、特殊印刷、軽印刷)
期間:平成29年2月9日から5月8日までの3ヶ月間
概要:大成印刷㈱および同社代表取締役は、同社の労働者に対し長時間労働させたことが労働基準法に違反するとして、平成28年12月28日付けで福岡簡易裁判所から罰金刑各20万円の略式命令を受けた。


写真はイメージです。

 

 

指名停止~ユニック・チェアー~福岡市

福岡市は下記の企業に、競争入札参加停止措置を行なった。

【措置対象業者】
商号:㈱ユニック・チェアー
本社:福岡市早良区四箇田6丁目11-4
代表:一坊寺 勝
登録:物品(家具・インテリア、スチール製品、木工製作)
期間:平成29年1月24日から4月23日までの3ヶ月間

【概要】
早良区生涯学習推進課が発注した「金屏風」の入札で、㈱ユニック・チェアーが29万7000円(税込み)で落札したが、後日予定していた金額とは異なる誤った金額で入札したため納品できないと、契約解除の申出があったもの。

【その他】
5社で入札したものの3社が辞退、応札した残りの1社の価格は、税別で94万円だった。


写真は内野公民館での生涯学習推進課でのイベントの様子。

 

㈱日本ゼウス~福岡県指名停止

福岡県は11月16日、次の工事業者を指名停止処分とした。

商号:㈱日本ゼウス
本社:福岡市東区唐原1丁目4-34
期間:平成28年11月16日~平成29年4月15日(5ヶ月間)
原因:同社代表取締役が、福岡県建築都市部発注の工事を施工中に現場監督員への暴行を働き、暴行罪により公訴を提起されたため。

続きを読む

福岡市・指名停止~馬場組

官庁から落札した工事だけで、ほぼ100%が元請官庁工事である、㈱馬場組(早良区)は、福岡市から受注した「梅林中学校校舎その外外壁改修工事」、契約金額8916万6960円で工期が33日遅れたため、平成28年11月2日から平成29年2月1日までの33日間、競争入札参加停止措置を下された。

馬場組は同じく福岡市から受注した、弥永西小学校校舎内装工事でも、職人不足や資材調達に手間取り、引渡しが遅れ結果、平成25年10月30日から翌26年1月29日まで指名停止措置を受けたことがある。

おまけにこの物件は粗雑工事と認定され、平成25年12月6日から翌3年5月までの3ヶ月間、再度指名停止処分を受けていた。

今回の梅林中学校の工事で、成績表点数が基準点を満たさず、再び粗雑工事と認定されることは無いと思うが、引渡しが遅れた原因は、おそらく職人不足ではあるまいか。

馬場組の平成28年3月期は、売上9488万円、経常利益255万円だが、繰越欠損▲6万円を内包している。


 

 

指名停止~九州地方整備局~九栄建設

九州地方整備局は次の土木工事業者に、4ヶ月間の指名停止措置を下した。

商号:㈱九栄建設
本社:北九州市小倉南区大字貫1806-3
期間:平成28年10月18日~平成29年2月17日 (4ヶ月間)
原因:建設業許可更新申請に際して、実際には雇用していないものを同社の専任技術者として追加したとする虚偽の書類を提出し、平成28年9月14日福岡県警に建設業法違反(虚偽申請)容疑で逮捕されため。

ちなみに、㈱九栄建設の平成27年6月期業績は、
売上8億8074万円、経常利益49万円。
支払利息1010万円。
自己資本1億2864万円、総資産8億7298万円。

福岡県は9月26日から来年1月25日までの4ヶ月間の指名停止処分を下している。

数字を診る限り、経常利益と支払利息が極端。
ところで、こちらも情報通によれば別件との話がある。


 

宮本建設工業~福岡県が指名停止

福岡県は次の工事業者を指名停止処分とした。

商号:宮本建設工業㈱
本社:北九州市門司区春日町21-25
期間:平成28年10月5日~平成29年2月4日 (4ヶ月間)
原因:宮本建設工業㈱代表が、県に提出する貸借対照表に虚偽の記載をしたとして、平成28年9月28日逮捕されたため。

ちなみに、宮本建設工業が福岡県に提出した経営審査事項によれば、
平成27年9月期
売上:15億1846万円、経常利益152万円
支払利息:175万円
純資産:1億9655万円
いい会社に見えるのだが・・・・・ 続きを読む

福岡市~指名停止~ケイ・アールテクノ

福岡市は下記のとおり、競争入札参加停止措置をおこなった。

対象業者
・商号:㈲ケイ・アールテクノ
・住所:福岡市中央区荒戸1丁目15-7-307号
・代表:渕上 和博
・登録:工事(一般土木D、管2種D)
・期間:平成28年8月29日から平成28年11月28日までの3ヶ月間

契約内容
・発注課:環境局施設部施設課
・工事件名:中部汚泥再生処理センター工業用水管他移設外工事
・契約日:平成28年5月20日
・請負金額:999万5400円(税込み)
・履行期間:平成28年5月21日から平成28年9月7日まで
契約解除の経緯
・当該工事の履行できないとの申し入れを受け、契約解除を行なった。