大川市長選挙~16日公示・23日投開票

鳩山二郎前大川市長が、実父鳩山邦夫氏の死去に伴う、福岡6区の補選に立候補するため辞任したことから、大川市長選挙が16日公示、23日投開票の予定で行なわれる。

鳩山二郎氏が後継者として推薦したのは、福岡県農業協同組合中央会に勤務していた、倉重良一氏・39歳で、小池百合子東京都知事が10日に鳩山二郎候補の応援で久留米入りして、「公認は取れなかったんだよね」、「国会議員は1人?」、「他人事ではありません」、の演説で沸かせた、六角堂会場で偶然にもお会いし、名刺を交換する機会を得た。

鳩山二郎氏が福岡県連の公認を得られなかったこともあり、倉重良一氏も福岡県連には推薦を申請せず立候補した、気骨ある若者だ。

明日16日は告示日、頑張って欲しいものだ。


続きを読む

福岡6区・応援演説~麻生太郎副総理

昔から、人生は棺おけに片足を突っ込むまで、また博打は下駄を履くまで、勝負はわからないとされているが、福岡6区では現在、実質的に鳩山二郎候補、新井ふみ子候補、蔵内謙候補の3名が、23日の投開票日をゴールとして、三つ巴の戦いを繰り広げている。

現時点でのトップは鳩山二郎候補で、対抗する蔵内謙候補は、麻生太郎副総理率いる自民党福岡県連挙げての最強布陣で、連日各地から大量動員を図り選挙戦を戦っているが、動員を指示されている地方議員事務所の中には体力が疲弊し、選挙戦から離脱する事務所も出てきたようだ。

16日・日曜日には、麻生太郎副総理と古賀誠氏の両巨頭が再び並んで、街頭演説を行なう予定だが、6区以外から投票権の無い人たちを動員したところで、どれだけの効果があるのか疑問だ。

おまけに、1週間前に時の人である小池百合子東京都知事が、1人で5000人を集めた同じ場所で演説会を開くだけに、自民党福岡県連の力のほども試されることになる。

写真は、10月10日に小池百合子都知事が鳩山二郎候補を応援演説した際の六角堂広場。

 

続きを読む

福岡6区・第25弾~最新情報

福岡6区の補選は、昨日11日立候補届け出が締め切られ、23日の投開票に向けて、実質上三つ巴の戦いの火蓋が切られた。

トップの鳩山二郎候補に大きく差をつけられている蔵内陣営は、16日の日曜日11時から、六角堂広場で総決起大会を予定し、麻生太郎副総理と古賀誠氏が出席する。

この六角堂広場は公示前日の10月10日に、小池百合子東京都知事が鳩山二郎候補の応援街頭演説で、5000人の有権者を集めた場所。

力でもって選挙運動を進めている蔵内陣営は、支援している国会議員、武田良太氏を除く衆議院議員9名と参議院議員2名の各事務所に、それぞれ100名の動員を指示した模様だが、どれだけの有権者を集めることが出来るだろうか、興味を持って見守っている関係者は多い。


続きを読む

福岡6区~小池フィーバー

鳩山二郎候補の応援に小池百合子東京都知事が来るとの情報は、今話題の人だけに、福岡市内でも噂になり、10日は休日だったが、久留米に取材に出かけた。

会場の六角広場から少し離れた駐車場に車を止め、歩いて会場に向かったのだが、普段は人影の少ない大通りを多くの人が歩いているのに驚き、30分前だったにもかかわらず既に会場は満員、前の道路にまで人が溢れ、小池百合子都知事の人気を改めて知らされた。


続きを読む

福岡6区・第23弾~今日の最新情報

明日10日に久留米と小郡に入り、鳩山二郎候補を応援する小池百合子東京都知事が、今日本で一番輝いていることから、蔵内謙陣営では今日の9日応援に入る岸田文雄外務大臣に加えて、あさって11日の出陣式では小川洋福岡県知事の出席を強く要望、麻生太郎副総理を通して依頼した。

だが自民党が分裂していることや、民進党候補も出馬するところから、小川知事は出席は困難と判断したが、最初から欠席では麻生太郎副総理の顔を潰すことになるため、大人の判断で腰痛を原因に緊急入院した模様。


続きを読む

福岡6区・第22弾~最新情報

東京都議会で問題になっている豊洲市場は、東京ガスからの用地買収時にさかのぼり、石原新太郎元都知事にまで追求の手が伸びて、今や小池百合子都知事は一躍時の人となり、人気は上がる一方だ。

その小池百合子都知事が、分刻みのスケジュールを調整して、福岡6区補選に出馬している、鳩山二郎候補の応援のため、告示前の10日、体育の日に駆けつける。

この絶妙の時期に応援に駆けつける小池百合子都知事は、機を見るに敏な人だ、と感心させられる。

福岡6区・応援演説~岸田文雄外務大臣

福岡6区では10月11日の公示を控えて、蔵内謙陣営は連日、戸別訪問で知名度アップに努めており、その一環として、9日には東京から岸田文雄外務大臣が、蔵内謙候補の応援に駆けつけ、街頭演説を行なう。

10日には、時の人である小池百合子東京都知事が、鳩山二郎候補の応援に駆けつけることが発表されている。

小池百合子知事が街頭演説を行なうことで、ドンが牛耳る東京都議会VS都知事と同じ構図を有権者がイメージしやすくなり、最高の演出といえるだろう。


続きを読む

福岡6区・応援演説~小池百合子東京都知事

10月11日が公示日となる福岡6区補選で、10日体育の日に、鳩山二郎候補を応援するため、小池百合子東京都知事が久留米と小郡で街頭演説を行なう。

久留米会場
13時30分 六角堂広場 (久留米シティプラザ内)
小郡会場
14時30分 イオン小郡ショッピングセンター


続きを読む

選挙は戦争だ

東京都知事選は自民党公認ではなかった、小池百合子氏が当選したが、知名度などに欠けた自民党公認候補が劣勢だったことから、小池百合子候補を自民党議員が応援するのを阻止するため、東京都連は自民党関係者にかなり厳しい通達文書を配布し話題になった。
だが流れを読むことが出来なかった、都連の幹部は石原会長を筆頭に辞任の憂き目に会い、一方で小池百合子氏を応援した若狭勝衆議院議員は、「厳重注意」という口頭での軽い処分を受けただけで済み、その上で東京10区補選の公募にも応じる考えを表明した。
それに比べると福岡6区は不透明だ。
鳩山二郎氏と蔵内謙氏ともに事務所開きを既に終え、まだ投開票日までに1ヶ月余りを残してはいるが、世論調査の数字は鳩山二郎46.1%に対して、蔵内謙氏は17.5%。
この差をどうやって埋めるのだろうか。
9月17日・土曜日に、福岡で政経パーティを開く麻生太郎副総理は、翌18日・日曜日に久留米市へ乗り込み、現在は引退しているものの、7区選出の古賀誠氏と二人揃って、地元議員から陳情を受け付ける会を開催するようだ。
蔵内謙氏の選挙事務所では国会議員の秘書を招集し、企業団体の推薦状集めを指示したものの、肝心の事務局長は議会が忙しいのか不在だったと、不平の声も聞かれるから面白い。
福岡県連推薦候補者の父親で実力者の蔵内勇夫氏に対し、義理で顔を出している地方議員も多く、誰も真剣に選挙活動をしていないとまで言われており、改めて「面従腹背」という言葉の意味を認識させられた。
トップダウンでここまでゴリ押ししたにも関わらず、万が一にでも蔵内謙氏が落選することになれば、いったい誰が責任を取るのか、早くも魔女狩りが始まったという話も聞く。


続きを読む

都知事選~戦いすんで・・・

7月31日に行なわれた東京都知事選挙の結果は、元防衛相の小池百合子氏が291万票を獲得し、歴代2位の得票で東京都知事の椅子を獲得した。
この都知事選挙で自民党公認増田寛也氏の応援に、安倍総理がいつ足を運ぶのか、最終日30日にでも顔を出すのかと、興味を持って見守っていたが、どうやらビデオメッセージでお茶を濁して終わった様子で、多くの人が増田寛也氏の落選を予測したことだろう。
また野党統一候補の鳥越俊太郎氏にしても、投開票日の前日に民進党岡田代表が、次の民進党代表選挙には出馬しないと発表、トップが簡単に替わるような政党のが推薦する候補者に、誰が投票するというのだろう。
本来は保守系の小池、増田両候補の争いで、票が二分することで野党共闘の鳥越候補が、漁夫の利を得るはずだったが、カビが生えたような週刊誌のスキャンダルで足を引っ張られ、なんとも低次元のレベルで情けない話だった。
他の候補から病み上がりと言われても返す言葉が無く、終盤戦の演説を聴いても迫力に欠け、レンズを通した写真は正直で、病み上がりの老人そのものだった。
当選後の小池百合子都知事の記者会見を見ていたら、政党を渡り歩いて出馬しただけに、東京都議会に対しても大人の発言をしており百選錬磨のつわもので、並の男では敵わないのが当然で、都議会側が先に仕掛けると返り討ちに遭いかねないだろう。


続きを読む