沖縄選挙区

第24回参議院選挙は7月10日の投開票日に向けて、出馬した候補者は当選の栄冠を手にする為に、最後の力を振り絞って懸命に走っている。
九州地区の福岡は1議席増えて3人区となり、予定通り自民、民進、公明の候補者が当選する票数を確保したようで、1人区の佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島県選挙区においても、自民党候補者が圧倒的強さで、議席を確保する情勢になってきた。
問題は米軍基地を抱える沖縄県で、特に今年に入って米軍関係者が引き起こす事件が相次いで発生、県民の怒りを買って政権与党にとっては強い逆風が吹き荒れ、一進一退の戦いを繰り広げてきたが、まだ数日間は残ってはいるものの、自民党候補である島尻安伊子氏の落選が濃厚になっている。
安倍総理においても沖縄県を選挙区にしている、島尻安伊子氏を沖縄・北方担当相に任命するなど、配慮をしたものの本人の資質にも若干問題があったようで、就任当初より物議を醸し、マスコミの格好の餌食になっていたのも事実だ。
辺野古基地問題も解決しておらず、次々に起きる米軍基地関係者による事件を、地元紙が報じれば格好の宣伝材料になって、対抗馬である伊波洋一候補の票を増やすことになり、苦しい選挙戦を強いられているのも事実だ。
残る数日で62対35を逆転するには、よほどの神風が吹かない限りは無理、これで現職の沖縄担当大臣を落選させることになり、沖縄野党の面子も少しは立つだろう。


続きを読む

世論調査公表で圧力

7月10日に迫った参議院選挙も終盤戦に近づき、各党とも大物政治家や集客パンダを重点候補者の応援に送り込み、ラストスパートに向けて総力を挙げようとしている。
この時点で選挙参謀が作戦を練るため、重要になってくるのが世論調査で、経費はかかるものの固定電話での調査が一般的に行われている。
ところが調査で得られた数字を、勝手に調整して対外的に公表したことから、選挙関係者の間で話題になっている。
福岡選挙区は9名が立候補しているが、3議席をめぐって選挙戦を戦っているのは実質的に4名で、自民、民進、公明、共産の順番になっている。
3番手に目されている公明党が、女性候補を当選させようとする意気込みは凄まじいほどで、他の候補者を圧倒している。
だが自民党福岡県連幹部が浅ましくも考えたことは、自民党候補者がトップの位置にいては、公明党から票の割愛を強く求められるだろう、だからこれを避けて、なんとしてでも自民党候補者をトップ当選させるため、某大手新聞に圧力をかけて、世論調査の結果を、民進、自民、公明の順番で紙面に出してくれと、データの改ざん要請を行なった。
何社かの新聞は、この自民党の姑息な手段を受け入れており、民進党候補者がトップの記事を読んだ人も居るはずで、選挙関係者はこの件を報じた新聞を笑っている。
こうしたことを繰り返していると、朝日新聞同様に記事の信用が失墜し、購読者はますます減少することだろう。


続きを読む

英国、離脱!

欧州連合(EU)から離脱の是非を問う国民投票が行なわれた結果、52対48で離脱を求める票が残留を上回り、離脱を決定したニュースは、注目されていただけに世界を駆け巡った。
今回の投票に関しては殺人事件まで発生、双方の運動も一時中断されたこともあったが、数字が示しているとおり、若者の票が離脱に流れ、新しい英国人気質が若者の間に生まれているようだ。
離脱すれば新しい局面を迎え、特に経済面で何かと問題が次々に起きることが想定されるが、残留することに伴う不公平感を、離脱することで生じる問題解決に希望を託し、これから結束して難問に立ち向かって行くことだろう。


英国を離脱に導いたエネルギーは、単に英国だけに止まらずほかのEU加盟国以外にも波及するのは明白で、いずれ日本にも影響し、さしずめ公示されたばかりの参議院選挙が、どの様な結果をもたらすのか、ひじょうに興味深くなってきた。

また今回の参議院選挙では、投票権が18歳まで繰り下げられており、日本の若者がどの様な投票行動に出るのか、自分が誰に投票するか以上に、気になる選挙になってきた。


続きを読む

参議院福岡選挙~予想

5月に入り衆参同日選挙の噂が全国を駆け巡り、衆議院の先生方も浮き足立ったものの、最後は安倍総理大臣の一声で消費税増税が延期となり、解散風は吹っ飛びアッサリ幕となった。
さてここで、参議院福岡選挙区の投開票日1ヶ月前の情勢を予想してみよう。
福岡県内有権者数は420万人で、投票数は前回の投票率から考えて、最低の50%と見ると210万票である。
今回の立候補予定者は玉石混合の8人で、既に自民、民進、公明、共産の4人が勝ち組として抜き出ており、当選を争っている状態と言って良いだろう。
衆議院の解散がないと判った途端に、理由は定かでないものの、民進党古賀候補の動きが止まった気配があり、50万票前後ではなかろうか。
自民党大家候補は、麻生副総理が選対本部長の陣立てで他陣営の羨むところであり、万全の体制で70万票を目指しているが、若干の目減りが考えられる。
今回台風の目である公明党の高瀬候補は、安倍総理とのツーショットポスターが功を奏して、学会の基礎票に加え自民党議員の協力で、40万票の得票は固いだろう。
野党の選挙協力が福岡選挙区では生かされておらず、共産党のしばた候補は、現時点では30万票前後の予想で、公明党候補に10万票の差をつけられており、今後どこまで追い上げられるか、分かれ道にまるだろう。


続きを読む

選挙ポスター

消費税増税延期が発表されて衆議院解散が消え、一時歩みが止まっていた参議院選挙は、7月10日の投開票日に向けて一斉に走り出した。
定数2議席から1議席増えた福岡選挙区に、公明党の候補者である高瀬ひろみ氏と、自民党安倍総理の二連ポスターの下に、公明党と明記された山口代表の、3人の顔写真入のポスターが、街角でよく見受けられる様になって、安倍総理と公明党の密接な関係を象徴している。
確かに国会議員は自公連立で、密接な関係を強調してもなんら問題は無いと思うが、地方議員は我が身の当落に関係してくるだけに、かなり神経質になっているのは事実だ。
公明党の結党精神は、「地方議員が中心の国民の党」だったと記憶しているが、政党として次第に大きくなり、国会でも連立を組むまでに成長、政権与党の旨味を十二分に味わっているが、創価学会の一部からは不満の声も聞かれる。
公明党国会議員の選挙応援を了解し、理解している自民党の地方議員も、自分の選挙になれば拒否反応を起こすのは当然で、最近はギクシャクしている話を聞くようになった。
今回の参議院福岡選挙区においては、1議席増えた椅子を公明党と共産党の女性候補が激しく争っており、特に共産党の候補が激しく追い上げているだけに、公明党の組織票には限界があり、最後は自民党の支持層に喰い込みかねず、締め付けが一層厳しくなるのは目に見えている。


続きを読む

高くついた不倫の代償

「五体不満足」の著者である乙武洋匡氏は、テレビなどのマスコミへの露出度も高く、今年の夏に行われる参議院選挙には、自民党公認を得て立候補を噂されており、自民党が行った事前の世論調査では、知名度もかなり高いところから、早くも当選確実との下馬評も流れていた。
しかし過去の不倫問題が、週刊誌に報じられると周囲の情勢は一変し、自民党に推薦した人も言葉を濁す有様で、自民党公認が危ぶまれていた。
最近の安部内閣は総理を始め、閣僚などの発言がかなりの女性心理を逆撫でした模様で、内閣支持率の低下が噂される状況から、安部総理の意向を反映して、今回の公認は見送られたようである。
東京選挙区の現職に続く2人目の候補者として、一億総活躍社会の参議院選挙の旗頭として、自民党関係者も目論んでいたが、無所属の立候補にはかなり無理があり、立候補の夢は無残に砕かれたようだ。
大勢の人の目に見えぬ協力を得て、此処まで漕ぎ着けた候補者のポストであったが、本人自ら撒いた種だけに諦めも付くだろうが、それにしても高くついた不倫の代償で、自民党関係者も後始末が大変だろう。


続きを読む

二人目擁立

カラスが鳴かぬ日はあっても、自民党議員が失言やチョンボでマスコミに登場しない日は無く、「浜の真砂は尽きるとも、国会議員の失言のタネは尽きまじ」と揶揄されそうな昨今で、元代議士だった山崎拓氏、古賀誠氏、太田誠一氏の3人に加え、現役の鳩山邦夫衆議院議員、武田良太衆議院議員の合わせて5人が、東京都内のホテルで、今年夏の参議院選挙で二人目の自民党候補擁立話を持ったようだ。
福岡選挙区は定員が2から3議席に増えるため、従来の自民、民主で分け合ってきた指定席構図が崩れ、今回は公明党と共産党が女性候補を立て、現時点で候補者は4人だが、女同士の争いになると言って良いだろう。
国会引退組は昔の夢が忘れられず、昨年には二人目の候補者擁立を画策し、女優の田中麗奈さんを口説いていたが、結婚に踏み切る形で見事に辞退され、老人たちの想いはまったく伝わらなかったようだ。
またシングルマザーを売りに、候補者として記者会見した今井絵理子氏は、一緒に生活をしている男性がいるようで、早くも看板に偽りありで、自民党はこれからどうするのだろう。
3人の引退組は若い政治家を抱えているが、彼らは若いだけに野放図な面もあり、スキャンダルで引退した先生方に、迷惑を賭けねばと、老婆心ながら心配する。
東京と違い福岡は狭いだけに、人の口には戸は立てられず、噂はすぐに広がり、泣きを見ることになる。


続きを読む

参議院・福岡県選挙区

来年夏に予定されている参議院選挙の福岡県選挙区では、1議席が増えて3人区となり、数日前までは自民、民主、公明の公認候補が出揃っていたため、この3人の当選がほぼ確実視されていた。
ところが民主党現職で公認候補だった、大久保勉氏が突然の記者会見で不出馬を表明、後継者として民放テレビ局のアナウンサーである、古賀ゆきひと氏を指名したことで民主党は揺れている。
これに対し民主党福岡県連は、候補者を公募すると発表したため、現職で全国区の西村まさみ氏が、福岡県選挙区の候補者として応募する事が判明、候補者の選定が難しくなってきた。
民主党福岡県連内部は当初、大久保勉氏の立候補辞退が突然の出来事で驚き戸惑っていたが、時間が経つにつれ困惑から怒りに変わった様子が窺え、古賀ゆきひと氏に対する評価にも影響が出始めている。
民主党の内規では、公募に応じて公認が得られない場合、通常出馬しないのが決まりの様であるため、民主党福岡県連の雰囲気を察知した古賀ゆきひと氏に対し、維新の党がアプローチを始めた情報も入って来た。
ところで候補者が決まっているのは、自民党の現職である大家さとし氏と、公明党の新人女性候補高瀬ひろみ氏の2名だが、民主党、維新の党も候補者が近々決まり、また共産党も女性候補者を決定したようで、来年夏に向けてこの5人の候補者による激しい選挙戦が予想される。
定数3の選挙区に5人が立候補する事になり、特に女性候補が2人になれば、自民党の大家さとし氏の得票も、かなり目減りして苦戦を強いられるだろう。

続きを読む

日本歯科医師連盟~う回献金

 日本歯科医師会の政治団体である日本歯科医師連盟に関しては、今年1月頃から政治資金の流れについて報じられていたが、先日幹部3名が逮捕され政界に衝撃が走った。
同連盟では民主政権時代の平成22年に西村正美氏(民主)を、また自民政権となった平成25年には石村みどり氏(自民)を推薦候補とし、議席を確保する才覚は歯科医師界でも、話題になっていたのも事実である。
しかし来年夏の参議院選挙には、前回推薦した民主党の西村まさみ氏を公認せず、新たに自民党候補の推薦を決定するなど、その変わり身の早さを非難する意見も内部で表面化し、不満が蓄積されていた。
今回のう回献金が発覚したのは、民主党所属議員の後援会を利用し、自民党の石井みどり後援会へ、多額の資金を動かしたのが発端で、逮捕された同連盟の3人の幹部は、政治家を弄んだ報いと言ってもいいだろう。
今回の事件に関しては、東京地検がかなりの証拠資料を持っている模様で、2人の議員も近日中に当局から事情聴取を受ける情報も聞かれ、石井みどり議員の連座制も視野に入れて、捜査を進めている情報も聞かれる。


続きを読む

先手必勝~大家敏志議員の勝ち

 衆参同時選挙が噂される来年の選挙、福岡県は全県一区の選挙区だが、1票の格差是正から定数が2議席増えて、3人区になることが決定した。
ここ数回の福岡における参議院選挙は、自民、民主両党が仲良く議席を分け合い、所属政党の公認を得た時点で、当選が確実になる選挙が続いていたが、今回から1議席増えることを、自民党関係者は想定していた節がうかがえる。
自民党で来年改選を迎える現職の大家敏志参議院議員は、福岡県連を通じて自民党本部に公認を申請、公認を得るやいなや、県内のすべての自民党所属の県会議員と、福岡および北九州両市の市会議員が自筆で署名した推薦を取り付け、自民党県議と市議からの2人目の立候補を防いだ。
大家敏志議員は推薦を自筆で署名した重さを知っており、これで自民党内からの立候補は無くなり、当選をほぼ手中に収めたと言っていいだろう。
一方でこの事は、参議院選挙で候補者擁立を目論んでいる公明党には、決断しやすくなった貸しを作ったようなもので、公明党候補が立候補すれば、福岡11区の自民党衆議院議員の大半は、何らかの支援を公明党から受けているため、一部の票が公明党に回ることは間違いないところで、仮に自民党支持票の一部が公明党に流れても、大家敏志議員の当選は確実。
4年後の参議院選挙では、自民党公認候補が2人になる可能性はあるが、今度の選挙は大家敏志議員の先手必勝が功を奏した。 続きを読む