福岡地裁~今週の民事裁判~判決言渡

今週4月13日(木)13時10分より、約3年越しで争われてきた、事件番号平成26年・ワ・1814号、収受賃料等請求事件の判決が、第105号法廷で言渡される。

原告は㈱ビジネス・ワン賃貸管理で、被告は㈱ピーエムジャパン。

福岡地裁~今週の民事裁判~判決言渡

今週、3月23日木曜日、13時10分から第109号法廷で、平成26年10月11日に不当利得返還請求事件として提訴されていた、民事裁判の判決が言渡される。

原告は、大分県宇佐市の㈱本多産建、被告は福岡市中央区の㈱アイランドで、別府市駅前にあった、旧・別府近鉄百貨店の敷地1342坪余りの売買を巡ってトラブルが発生、原告が被告に3000万円の支払いを求めていた裁判。


表題の写真の左奥が別府近鉄百貨店で、屋上に飛行機などの遊具があり、上の写真はその跡地。

福岡地裁~今週の民事裁判~判決言渡

年末が押し迫ったせいではないだろうが、今週の民事裁判予定表を見ると、判決言渡の件数がいつもより多いような気がしたが、おそらくたまたまなのだろう。
そうした中、目を引いた裁判が2件。

まず1つ目。
12月21日水曜日、午前9時55分から、福岡地裁第108号法廷で、手数料支払請求事件の判決が言渡される。
この裁判は原告が明倫国際法律事務所(中央区)、そして被告が㈱CRECER(クレセア)(早良区)で、11月9日に第1回目の公判が開かれていた。

2つ目。
同じく、12月21日水曜日、午後13時10分から第110号法廷で判決が言渡されるのは、利用料金等請求事件。
原告はレンタルオフィスを経営する㈱アーバンオフィス(博多区)で、被告は福岡エコクリーン㈱(博多区)。


続きを読む

裁判費用詐取・損害賠償裁判~被告・福岡県弁護士会の勝ち

詐欺罪などで懲役14年の実刑判決を下された高橋浩文・元弁護士に、多額の裁判費用を騙し取られたのは、ただでさえ懲戒申立が増加していたにもかかわらず、福岡県弁護士会の監査が通り一遍で、指導および監督を怠ったためだとして、原告3社が福岡県弁護士会を相手取って、2億3100万円の支払いを求めた損害賠償請求裁判の判決が、昨日27日木曜日言渡された。
案の定というか、予想通りというか、原告の負けとなった。

ところで、詳しくは新聞報道を見ていただくとして、被告が福岡県弁護士会だっただけに、原告が依頼した弁護士は県外の弁護士だったが、福岡県弁護士会所属の弁護士が受任するのは厳しかっただろう。

数日前には、どっちが勝っても高裁へ控訴だろうとしていたが、よくよく考えると、いずれは弁護士になる裁判官が裁くのだから、福岡高裁でも勝てないだろう。

出世するような裁判官は、裁判制度に棹をさすような愚かなことはしないはず。

福岡地裁~今週の民事裁判~判決言渡

今週、9月15日木曜日13時10分から、福岡地裁第303号法廷で、損害賠償請求事件の判決が言渡される。
この裁判は平成27年2月提訴されたもので、フランチャイズ勧誘に際して説明されたシミュレーションの数字は、とうてい実現不可能な虚偽の数字だとして、2266万6328円の損害賠償を請求したもの。
原告は、広告代理店の㈱リエイジアエージェンシー(福岡市博多区)で、被告が㈱フューチャーリンクネットワーク(千葉県船橋市)。
被告は、ネット上で展開する地域情報プラットフォーム「まいぷれ」のフランチャイズを全国に展開しており、原告が福岡市早良区、博多区、中央区の独占契約を平成24年8月20日に結んだ。
契約期間は5年間。
平成24年12月にサイトを開設したが、翌25年1月から同26年8月までの20ヶ月間で、黒字化の基準となる金額に達したのは僅かに5回だけ。
被告の説明は実現不可能な数字で、虚偽でしかない。
だから、契約以降の2年余りで原告が被った損害2266万6328万円を求める、という裁判。


続きを読む

福岡地裁~今週の民事裁判~判決言渡~3件

月末の週になったからではないのだろうが、今週も判決がたくさん言渡される。
しかし、個人の方々が被告ないし原告に立っておられる裁判は省略。
BtoBのものだけを、本日は3件ほど掲載いたします。
まず1件目。
本日、8月30日火曜日、13時10分から、5年前に損害賠償事件として提訴された、原告は日本リソース㈱、被告三和産業㈱の判決が、第303号法廷で言渡される。
そして2件目。
9月2日金曜日、13時10分から、今年初めと今月に2度も提訴された請求意義事件、原告が㈲藤康エンタープライズほか、被告㈲ケンズエステーとほかの判決が、第109号法廷で言渡される。
3件目。
同じ9月2日金曜日、13時10分から、福岡県信用保証協会が原告となり、被告山共エンヂニア㈲で、所有権移転登記抹消登記手続請求事件の判決が、第109号法廷で言渡される。

よく見てみると、2件目と3件目は同じ時間、同じ法廷での判決言渡し。

続きを読む

福岡地裁~今日の民事裁判~判決言渡

本日、8月23日火曜日13時10分から、少々特異な損害賠償請求事件の裁判判決が、福岡地裁第303法廷で言渡される。
原告は平成21年2月事業を停止し、6月破産を申し立てた企業の元代表で、被告は同社の顧問弁護士であり、破産申立代理人だった法律事務所代表。

提訴されたのは平成26年5月30日で、請求金額は1億円。
原告の訴えは、被告の職務怠慢で免責が受けられなかったため180億円余りの損害を被ったというものだった。
ところが、被告の答弁によれば、原告が破産管財人に断りなしに預金口座から1億4000万円を引き出して融資を受けた個人に返済、なおかつ誰に返したかを明らかにしなかったため、財産隠匿が疑われたのが原因としている。


続きを読む

福岡地裁~今週の民事裁判~判決言渡

今年の初め提訴された、売掛金請求事件の判決が、今週、8月19日金曜日13時10分から、福岡地裁第105号法廷で言い渡される。
原告は、南区那の川2丁目の蔵田工業㈱。
被告は平成20年12月民事再生法を申請した経緯のある、早良区次郎丸のエスティエンジニアリング㈱。


続きを読む

福岡地裁~今週の民事裁判~判決言渡

昨日、8月8日13時10分から、福岡地裁第108号法廷で、「役員登記の変更登記請求事件」の判決が言渡された。
原告は、個人の方だが、被告はかつての上場企業で、不動産投資では一時期よく知られていた、㈱ダヴィンチホールディングス(粕谷英行社長、東京都千代田区有楽町1-7-1)。
ただ、第一回目の弁論がつい先日の、8月4日に行われたばかり。
被告が全面的に非を認めたのだろうか。

続きを読む

福岡地裁~今週の民事裁判~判決言渡

今日、7月12日13時10分から福岡地裁第304号法廷で、サービス利用代金請求事件の判決が言い渡される。
だがこの裁判は、先月の7月5日第1回目の裁判が行われたばかり。
原告はグルービーモバイル㈱で、被告は㈱Up the Mark。

おそらく原告の100%勝訴だろう。


続きを読む