20周年記念~イスラ・デ・サルサ~能古島

「ラテン文化センター ティエンポ・イベロアメリカーノ」が、福岡市中央区薬院で誕生した20年前の8月、カリブ海のビーチを彷彿させる能古島のキャンプ場ビーチで初めて開催したのが、カリビアンフェスティバル「イスラ・デ・サルサ」。
今やラテンの祭典として九州はおろか、全国的にも知名度を増し、アジア諸国からも参加者が集うフェスティバルに成長、20周年を迎える今年は、「イスラ・デ・サルサ」の原点となった能古島キャンプ場ビーチで、スペインのサルサオーケストラ「トロンボランガ」、ホーンセクションがトロンボーンだけの特殊な編成、をメインゲストに、開催される。

◆概要
タイトル:20周年記念イスラ・デ・サルサ ワールドミュージックフェスティバル2016
開催日:8月20日(土)、21日(日)
開場12:30  開演13:00 終演21:00(予定)
場所:能古島キャンプ場 福岡市西区能古島1624
入場料:近日決定


主催:特定非営利活動法人ティエンポ・アメリカーノ
共催:能古島アイランドパーク
後援:文化庁、福岡県、福岡県教育委員会、福岡市、福岡市教育委員会、ほか



特定非営利活動法人 ティエンポ・イベロアメリカーノ
福岡市中央区大名1-15-11 Daimyo11511ビル3F
TEL:092-762-4100  FAX:092-762-4104
語学スクール・ダンススクール・アート広場・イベント・ギャラリー・カフェレストラン

続きを読む

第3回 桜タンゴフェスティバルin福岡

桜タンゴフェスティバルは、福岡で本場のアーティスト、アジアと日本のタンゴ愛好者が国境を越えた交流を図ることのできるタンゴの祭典で、タンゴは初めてという方々にも、タンゴの真の魅力が体験できる異文化交流フェスティバル。

【開催概要】
タイトル:第3回桜タンゴフェスティバルin福岡
開催日:3月24日(木) Welcome Milonga
入場料:2000円
3月25日(金) Milonga-Abrazo de Asia
入場券:3500円
3月26日(土) Gran Milonga
入場券:5500円
3月27日(日)
入場券:4000円 Ciosing Milonga
Milonga Full Pass : 入場券 11000円
*テーブル指定席は、入場券とは別途1500円/1日
場所:西鉄ホール/ティエンポ・ホール
チケット取扱:プレイガイド、ウェブサイトにて発売

【主催】
特定非営利活動法人 ティエンポ・イベロアメリカーノ
福岡市中央区大名1-15-11 Daimyo11511ビル3F
TEL:092-762-4100  FAX:092-762-4104
語学スクール・ダンススクール・アート広場・イベント・ギャラリー・カフェレストラン


続きを読む

「ティエンポ」プレゼンツ~冬のサルサイベント“ムエベテ”2016年

「サルサ界の新しい声」として高い人気を誇るキマリー・カレーロ、またサルサ音楽新世代の先鋒者、プエルトリカンサルサ界の新星リッキー・ルイスが来日、冬のサルサイベント“ムエベテ2016”に出演、コンサートを開催する。
ライブの他にも、2005年のワールド・サルサ・チャンピオンシップ、キャバレーの部のチャンピオンであるリカルドや、海外ダンサーによるダンスパフォーマンスも出演する。

◆開催概要
・タイトル:リッキー・ルイス&キマリー・カレーロ ライブinムエテベ!2016
・開催日:2月27日(土) 開場19:00 開演19:30
・場  所:ダイニング・イベントスペース「ティエンポ・ホール」
・出演者:ライブ  リッキー・ルイス、キマリー・カレーロ
ダンサー リカルド・ムリージョ、クラウディア・ヌニェス
マルセロ・ステラ、ジェニス・フローレス ほか
・料  金:前売券2500円(スタンディング)
入場時別途ワンドリンクチケット要購入(500円)
・取り扱い:ラテン文化センター ティエンポ館内

【主催】
特定非営利活動法人 ティエンポ・イベロアメリカーノ
福岡市中央区大名1-15-11 Daimyo11511ビル3F
TEL:092-762-4100  FAX:092-762-4104
語学スクール・ダンススクール・アート広場・イベント・ギャラリー・カフェレストラン


続きを読む

「ティエンポ」 プレゼンツ~新春フラメンコショー

5年前に三重県でフラメンコアカデミー「レメディオス・マリン・カラスコ」を設立し、三重県を拠点に国内外で活躍している、スペイン人舞踏家マリア・マルケス、通称“ラ・チュサ”が新年早々に来福し、ラテン文化センターティエンポのフラメンコ講座に講師として来日中の舞踏家シルヴァナ・ペルドーモ、そしてフラメンコギタリストのアラン・アルバス、カンタオーラ矢野佳子とともに、新春1月10日にティエンポにて、フラメンコショーが開催される。

内面から溢れる情熱、力強さのなかにも、妖艶さや繊細さを持ち合わせたスタイルが高い評価を得ている、“ラ・チュサ”と3名のアーティストが魅せる踊り・歌・ギターが三位一体となった迫力あるステージ。


【概要】
タイトル:マリア・マルケス “ラ・チュサ”新春フラメンコショー
開催日:2016年1月10日(日)
開場18:00 開演18:45
場  所:ダイニング・イベントスペース「ティエンポ・ホール」
料  金:前売券3500円 当日券4000円 全席指定
入場時ワンドリンクチケット・500円要購入
取り扱い:ラテン文化センター ティエンポ館内

【主催】
特定非営利活動法人 ティエンポ・イベロアメリカーノ
福岡市中央区大名1-15-11 Daimyo11511ビル3F
TEL:092-762-4100  FAX:092-762-4104
語学スクール・ダンススクール・アート広場・イベント・ギャラリー・カフェレストラン


続きを読む

これは参加せな~アカンガナ2015

ラテン文化センター ティエンポは、年末恒例のイベント「アカンガナ」、観て、聴いて、踊って楽しいエンターテインメントを、今年も最後の日曜日に開催する。
今年は、『年末の“パチャンガ・お祭り騒ぎ”』をテーマに、ティエンポのいろいろな講座の講師として来日中のダンサーやミュージシャンによる、フラメンコやラテンダンス、タンゴ、ベリーダンスのパフォーマンス、またラテンバンド「ピンピニータ」のライブやワークショップなど、来場者が参加して楽しめるプログラムを満載しているようだ。


【概要】
タイトル:ACANGANA~アカンガナ2015
開催日:12月27日(日)
開場19:00 開演20:00
場  所:ダイニング・イベントスペース「ティエンポ・ホール」
料  金:前売券1800円 当日2300円
入場時ワンドリンクチケット・500円要購入
取り扱い:ラテン文化センター ティエンポ館内

【主催】
特定非営利活動法人 ティエンポ・イベロアメリカーノ
福岡市中央区大名1-15-11 Daimyo11511ビル3F
TEL:092-762-4100  FAX:092-762-4104
語学スクール・ダンススクール・アート広場・イベント・ギャラリー・カフェレストラン


続きを読む

ラ・ハボネサ・サルセラ「YOKO」~2015福岡公演

もともとはスペインやアフリカの影響を受けて、キューバやプエルトリコで生まれた音楽に、ジャズやロック、ソウルミュージックなどが混ざり合い、ニューヨークで確立されたといわれるサルサ。
そのサルサの祭典「ニューヨーク・サルサ・コングレス」で鮮やかにデビューしたYOKOは、日本人女性サルサ歌手(ラ・ハポネサ・サルセラ)として,ヒスパニック系男性歌手が主流の中で、地位を築き上げている。
今回のジャパンツアーは、ニューヨークで大人気のロサリート・ロサリオとともに行う凱旋ライブで、福岡公演は9名の日本人ミュージシャンが2人のバックを務める。
梶原徳典・トロンボーン、中島徹・ピアノ、武井努・バリトンサックス、
岡本健太・ボンゴ、築山昌広・トランペット、とくじろう・コンガス・パーカッション、
亀﨑ヒロシ・ティンパレス、西川サトシ・ベース、Ravi・コーラス


◆福岡公演
期日 11月20日(金)
開場 19:30  
コンサートスタート
     21:00
   コンサートの前に、ダンサーによるオープニングアクトを予定
場所 ダイニング・イベントスペース 「ティエンポ・ホール」(本館3F)
料金 前売券・4,500円(スタンディング)
   入場時ワンドリンクチケット・500円 要購入
チケット取扱 ラテン文化センターティエンポ
主催 特定非営利活動法人 ティエンポ・イベロアメリカーノ
福岡市中央区大名1-15-11 Daimyo11511ビル3F
TEL:092-762-4100  FAX:092-762-4104
語学スクール・ダンススクール・アート広場・イベント・ギャラリー・カフェレストラン


続きを読む

「ガイア クアトロ」~ジャパンツアー2015~福岡公演

ジャズ、クラシック、ラテン、ひとつの枠に納まりきらない、ワールドミュージック、あえて言うならば、ジャズ・フォルクローレとでもいうのだろうか。
カルテット「ガイア クアトロ」は、日本のジャズ・フュージョン界を代表するプレーヤー、金子飛鳥(vn,vo)とヤヒロトモヒロ(perc)、アルゼンチン出身でヨーロッパ在住の、ヘラルド・ディ・ヒウスト(pf)とカルロス“エルテーロ”ブスキーニ(b)「ガイア クアトロ」がメンバー。

10年前にパリ日本文化会館で初共演後の、翌年日本ツアー中にバンドを結成、その後、日本とヨーロッパを中心にツアーを展開、「GAIA」や「UDIN」、「haruka」など3枚のCDをリリースしている。
この「ガイア クアトロ」の福岡公演が9月22日(火・祝)、ラテン文化センター ティエンポで開催される。

◆福岡公演
期日 9月22日(火・祝)
    ラテン文化センター ティエンポ 
    福岡市中央区大名1-15-11 Daimyo11511ビル3F
    TEL:092-762-4100
開場 18:30  開演 19:00
料金 前売:4000円  当日:4500円  *1ドリンクオーダー 500円
    全席:自由
後援 在日アルゼンチン共和国大使館

【チケット取扱】
ラテン文化センター ティエンポ事務局
【主催】
特定非営利活動法人 ティエンポ・イベロアメリカーノ
福岡市中央区大名1-15-11 Daimyo11511ビル3F
TEL:092-762-4100  FAX:092-762-4104
語学スクール・ダンススクール・アート広場・イベント・ギャラリー・カフェレストラン 続きを読む

エストゥディアンティーナ駒場~ベネズエラ音楽ライブ

チャベス大統領や世界最大の原油埋蔵量を誇る国として有名なベネズエラは、南米の国だけに豊かな音楽文化に溢れているようだが、サルサやサンバ、タンゴほどには知られてなく、ここベネズエラで生まれた歌として、日本で唯一知られている曲は、50年ほど前に西田佐知子の透き通る声で大ヒットした「コーヒールンバ」。
この知られざるベネズエラ音楽の魅力を紹介するコンサートが、9月4日(金)に福岡で開催される。
出演する「エストゥディアンティーナ駒場」は、その名前からも想像がつくように、東京大学教養学部ラテンアメリカ音楽演奏講座の修了生で結成された、日本で唯一のベネズエラ音楽合奏団。
結成以来、来日ベネズエラ人アーティストとの共演はもちろん、全国で演奏活動を展開しており、その特異な生い立ちと稀有な活動ぶりがBBCのトップニュースで世界中に発信されたこともあるという。
コンサートを提供するのは、芯は違っても心は通じる「異心伝心」を合言葉に、NPO法人として活躍している、ラテン文化センター「ティエンポ」。
今回のコンサートでは、エストゥディアンティーナ駒場の演奏だけではなく、指導している石橋准教授の講話や、来場者が演奏に体験参加出来る時間も設け、さらにティエンポが運営するカフェレストラン「サンチョ・パンサ」のシェフが腕をふるうベネズエラ料理のタパス(有料)も提供される。

◆開催概要
・知られざる音楽大国ベネズエラの音楽に親しむコンサート+講演会
・平成27年9月4日(金)
 開場 18:30  スタート 19:00
・ダイニング・イベントスペース「ティエンポ・ホール」(本館3F)
 福岡市中央区大名1-15-11 Dimyo11511ビル
・入場料:募金制 (目安 大人¥1000  学生¥500)
 募金はコンサート運営費用に充てさせていただきます。
 9月3日(木)0:00までに要予約

【チケット取扱】
ラテン文化センター ティエンポ事務局
【主催】
特定非営利活動法人 ティエンポ・イベロアメリカーノ
福岡市中央区大名1-15-11 Daimyo11511ビル3F
TEL:092-762-4100  FAX:092-762-4104
語学スクール・ダンススクール・アート広場・イベント・ギャラリー・カフェレストラン


続きを読む