西友・サニー ~ 「家計と節約」意識調査 ~ 結果は?

福岡市ではスーパーサニーのほうがよく知られている、合同会社西友は、スーパーの利用客を中心にインターネット調査を定期的に行なっている。

11月の初旬に行なわれたのは、週1回以上、スーパーマーケットを利用する全国の20代から60代の男女、計567名に家計と節約に関する意識調査を行なった。

調査したのは、◆景気に関する意識、◆節約に関する意識、◆スーパーでの買い物に関する意識、◆支出に関する意識、の4項目。単数回答主体。

まず
◆景気に関する意識では、
景気回復といわれる中、どう感じるかの質問には、
① 景気が良くなっていると感じている・・・・15.5%
② 景気が良くなっているとあまり感じない・・28.6%
③ 景気が良くなっているとまったく感じない・30.0%
④ 変わらない・・・・・・・・・・・・・・・22.0%
⑤ わからない・・・・・・・・・・・・・・・ 3.9%
「景気が良くなっていると感じない」人は②の「あまり感じない」と③の「まったく感じない」を加えると58.6%と過半数を占めており、これに④の「変わらない」を含めると、実に80.6%の人たちが景気回復を実感していないということになる。

次に
◆節約に関する意識で、
・家計の状況についての質問には、
「家計は以前厳しく、なるべく節約したい」が61.2%で、「家計に余裕が出てきたが節約したい」の23.3%を加えると、回答者の84.5%が節約志向。
・また複数回答で、
毎月の家計の中で節約したいものとして挙げられるのは、「光熱費」47.1%、「外食費・飲み代」46.0%、「日常の食費」43.9%、「通信費」42.7%、「衣類・衣服」32.1%、「生活用品・日用品」29.8%など。
「日常の生活費」もしくは「外食費・飲み代」のいずれかを回答した人は64.7%。

また
◆スーパーでの買い物に関する意識で、
値下げしてほしいものとして「食料品」カテゴリーを挙げた人は、全体の77.4%。

最後に
◆支出に関する意識で、
1年のうち最も支出が多くなる月の回答は、12月が39.2%、次が1月の6.9%、そして8月の5.8%、となっている。

これらから導き出されるのは、あくまでも個人的見解だが、「家計が厳しく、フトコロ事情は暖かくならないから、年末年始は外食や飲み代はもちろん、普段の食費も削って、ジッとしときましょうかね」、ということになるのだが、なんか、情けなくなってきた。

しかし、ここで合同会社西友・サニーは、「食品・日用品を中心に、最大644品目を一斉値下げ~プライス・キャンペーン第4弾」を11月17日(金)から開始した。

詳しくは「プライスキャンペーン第4弾」で検索してください。

サニー ~ ボジョレー・ヌーヴォー 2017 解禁

11月の第三木曜日は、ボジョレ・ヌーヴォーの解禁日。

弊社では毎月第三木曜日に情報会である「三木会」を開いているが、この「三木会」後半の懇親会では毎年、ビールの代わりにワインでの乾杯が恒例の行事。

西友・サニーでも毎年、オリジナルのボジョレー・ヌーヴォーを、解禁日(今年は11月16日(木))の午前0時から、店舗とネットで販売する。

今年は、樹齢60年以上の古樹から収穫されたブドウのみを使用し醸造された、ワンランク上のオリジナルワイン、「フランソワ・フッシェ ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー・ヴィエイユ・ヴィーニュ」を、1580円で限定販売する。

もちろん、お手ごろ価格の商品、
「ボジョレー・ヌーヴォー」(フルボトル970円、ハーフボトル598円)
「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー」(フルボトル1380円)
もある。

定番の人気商品としては、
【コラライフ】オーストラリア産
シラーズ&カベルネブレンド・赤 580円フルボトル
シャルドネ・白 580円フルボトル
【ブルディッツォ】イタリア産
トスカーナロッソ・赤 580円フルボトル
トスカーナビアンコ・白 580円フルボトル
【アルト・ロス・ロメロス・レゼルバ】チリ産
カベルネ・赤 780円フルボトル
レッドブレンド・赤 780円フルボトル
ホワイトブレンド・白 780円フルボトル
【コンケスタ】スペイン産
カベルネ・赤 1280円/3000ml、395円フルボトル
シャルドネ・白 1280円/3000ml、395円フルボトル

【詳しくは、「西友ボジョレー」で検索】

なお価格は税抜。またフルボトルは750ml、ハーフボトル375ml。

プライスキャンペーン第3弾 ~ サニー

「プライスロック」および「チャレンジプライス」キャンペーンで、食品・日用品を中心に、第1弾466品目(8月29日)を、9月28日には第2弾で378品目の値下げを実施した、合同会社西友とサニーは、10月26日(木)から第3弾として529品目を平均して約6~10%値下げする。

主な対象商品は以下の通り。



主な対象商品は以下の通り。
ダノンジャパン 「ダノンビオ脂肪0プレーン・砂糖不使用」170円→158円
ヱスビー食品 「美味しさギューッととけ込むカレー中辛」108円→97円
コカ・コーラ 「コカ・コーラ ゼロカフェイン」500ml 81円→75円
雪印メグミルク「毎日骨太 1日分のカルシウム のむヨーグルト」85円→79円
ロッテアイス 「レディーボーデンカップセレクション」328円→298円



いずれの価格も税抜き。
詳しくは店頭で。

アメリカ産「牛ばらカルビ」~197円・サニー

毎日、同じ商品を同じ低価格で提供出来るということは、十分な量を安定的に確保出来なければ、不可能ということだ。
漁業関係者の間でよくあるパターン、今日は、大漁だったが、明日は時化で獲れそうにもない、ということであれば、店舗側は値段が乱高下し商売にはならない。ただし、魚市場の中卸業者は別。

精肉も同じで、人気の高い部位は引く手あまただから値段が高くなる。

合同会社西友とサニーは、赤みと脂肪のバランスが取れており、牛丼屋焼肉などの外食チェーンで人気の高い、アメリカ産「牛ばらカルビ」を毎日安く提供できるだけの調達網を確立したようで、3月28日(火)から100グラム当たり197円(税抜)での販売を開始した。
同時に、アメリカ産「牛焼肉セット(ばら、もも、肩ロース)」300gを780円でも発売する。
「花見でバーベキュー」今週末は増えそうだ。

今年もまた、恵方巻の季節 ~ サニー

今年の立春は2月4日土曜日。
そして恵方は、北北西ちょい右、だそうな。

今年も合同会社西友とサニーでは、2月1日から2月3日までの期間、13品の恵方巻を販売する。
単身世帯でも手軽に楽しめる、「ハーフサイズ」も豊富にラインナップしているようだ。

例えば、マグロ恵方巻698円、ハーフサイズ360円。
海の幸を巻きあげた、海鮮恵方巻は980円、ハーフサイズ498円。
海鮮、マグロ、サーモンの3種恵方巻ハーフセットは1200円。

知恵者がいれば、関西の地方区の行事が全国区になるということだ。
関西弁の嫌いな人も、時代の流れに身をゆだね、縁起がいいというとことだけをまねして、恵方巻を食してみましょう。

リヨン杯金賞受賞ワイナリー醸造~ボジョレー・ヌーヴォー

毎年、11月の第三木曜日がワインの新酒、ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日。
これに合わせて、西友・サニーでは、ボジョレーヌーヴォー唯一の公式コンクール「トロフィー・リヨン・ボジョレーヌヴォー」、通称リヨン杯、で2015年に金賞を受賞したワイナリーで造られたワインを販売する。
特に樹齢60年以上の古樹から収穫されたブドウのみを使用したワイン、「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー・ヴィエイユ・ヴィーニュ」など、全5アイテムを史上最安値で提供する。
なお、西友・サニーでは、10月29日から11月25日まで、アンガスビーフやお菓子などの直輸入商品を販売する「インポートフェア」も開催中。
下の写真、左から
ボジョレー・ヌーヴォー 375ml 598円
ボジョレー・ヌーヴォー 750ml 870円
ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー 750ml 1280円
ボジョレー・ヌーヴォー ロゼ 750ml 1280円
ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー・ヴィエイユ・ヴィーニュ 750ml 1580円


続きを読む

アンガスビーフ「肩ロースステーキ」~187円/100g~サニー

世界三大品種の一つであるアンガスビーフは、米国農務省が設定した厳しい品質基準をクリアした高品質のブランド牛で、霜降りと赤身が適度にバランスを保ち、ステーキによく合う牛肉として評価が高い。
合同会社西友とサニーは、ウォルマート調達力のスケールメリットを生かして、このアンガスビーフ「肩ロースブロック」を187円/100gの低価格で提供する。
また10月にはアンガスビーフ「肩ロースブロック」も、187円/100gで発売する予定。

続きを読む

カロリーオフセットプログラム~開発途上国の農業支援~西友・サニー

カロリーオフセットプログラムとは、世界の食糧問題の解決に取り組んでいる、NPO法人 TABLE FOR TWO international(東京都港区、代表小暮真久氏)が推進しているもので、先進国の余分なカロリーを開発途上国で必要なカロリーに返還するプログラムのこと。
簡単に言うとカロリーの高い食事を低カロリーの健康食に切り替えて、差額分を寄付しましょうというもの。
具体的には、このプログラムに参加している企業が健康を意識して作った商品やサービスを購入すると、カロリー差額相当分が寄付金に充当され、この寄付金が開発途上国の菜園作りなどを通じて、農業の生産向上支援やインフラ整備に利用されるというもの。

西友・サニーの惣菜製造子会社の㈱若菜(埼玉県川越市)は、福岡と広川を含む全国9ヶ所の惣菜工場から、341店舗に商品を供給しているが、このカロリーオフセットプログラムを昨年4月17日に導入以降、今年6月までの1年余りで寄付総額は約1140万円となり、一昨年台風で被害を受けたフィリピン・レイテ島での農園建設に利用されたようだ。

若菜ではこの取り組みを続けるため、8月から対象商品を拡大、西友・サニー店頭で新たな商品販売を開始した。
一例を挙げると
・北海道産男爵芋のポテトサラダ(中)    198円
・生姜枝豆御飯と肉じゃが煮弁当       298円
・梅ひじき御飯と肉団子黒酢あえ弁当    298円
・チョレギサラダ                   198円
ほか

なお、西友・サニーでは、昨年5月から取り組みを始めた、「アフリカへ給食を届けよう募金」を継続中で、顧客から寄せられた募金と同額を上乗せする、「マッチング寄付」も行っている。


続きを読む

土用丑の日~国産うなぎ長焼~サニー

夏バテ対策には「うなぎ」、と昔からいわれており、食べるのが習慣となっている「夏の土用の丑の日」、去年は2回、来年も2回あるが、今年は残念ながら7月30日(土)の1回だけ。
この時期に合わせて、「うなぎの蒲焼」が特別価格で販売されるが、西友・サニーでは本日・6月27日(月)から8月31日(水)までの期間、鹿児島県と宮崎県にある養殖場で育てられたうなぎを加工した、「国産うなぎ長焼」の大サイズ(10kg、60尾サイズ)を、中サイズの価格1570円で販売する。
安くなるのはいいことだ。


続きを読む

サニー~プライスロック・第6弾

低価格路線を追求する西友・サニーは、食品や日用品の価格を6ヶ月間以上値上げしないプログラム「プライスロック」を継続中で、今年2月25日から開始された第5弾では、牛豚ひき肉100グラム・97円や、舞茸1パック・69円、雪印メグミルクプレーンFeのむヨーグルト190グラム・78円などが対象となっていた。
昨日、5月26日(木)から新たに第6弾として選定されたのは、ヨーグルトや衣料用洗剤、おむつなど、毎日の生活に欠かせないもの計316品目で、さらにこの中で半数以上の商品を平均7%値下げしている。

今後も第7弾、第8弾を計画しており、対象商品も順次入れ替えを実施する予定。

●第6弾の値下げ商品は?
ダノン ビオ プレーン砂糖不使用   75グラム×4 170円→158円
アサヒ飲料 ウィルキンソン タンサン 500ml 78円→75円
シーザー 吟選ビーフ ビーフ      100グラム 113円→99円
など

続きを読む