佐川長官辞任 [2018年3月12日06:00更新]

国会

元財務省理財局長であった佐川宣寿氏は、テレビの国会中継で国民を馬鹿にした答弁を、顔色一つ変えず繰り返し行った論功行賞で国税庁長官のポストを手にした。
就任以来1度も記者会見を行わず、表立った行動が無い中で、再び国会で追及が厳しくなったのを見て、唐突に辞表を提出して官邸を慌てさせている。
財務省の職員赤木俊夫氏が連日国会で追及されている、森友学園の改ざん書類に関わっていた事で、精神的に耐え切らずに官舎で遺書を残し自ら命を絶った。
官邸は赤木氏が残した遺書を含め、この一連の全ての責任を、佐川宣寿国税庁長官に被せて、トカゲの尻尾切り作戦を実行する予定であったが、勝手に尻尾が切れたのは番狂わせのようだ。
次なる尻尾が早急に見つかれば良いが、その前に関係者の新たなスキャンダルがマスコミに流れるような気がする。