すべてが遅すぎる ~ 安倍総理の判断 [2017年7月14日17:56更新]

焦点:支持率急落で安倍首相の3期目に暗雲、都議選が目先の試金石

安倍総理はG20への出席を理由に、国会を半ば強引に閉会して昭恵夫人を同伴し渡欧、外遊中も国内情報を入念にチェックしていたはずだが、帰国後に支持率低下を肌で感じたのか、予算委員会閉会中審査に出席することをしぶしぶながら承諾したようだ。

安倍総理本人の出席は認めたが、和泉洋人首相補佐官や関係者7名の出席は拒んでおり、往生際の悪さから支持率はさらに10ポイントは確実に低下、時事通信の発表によれば29.9%を記録、ついに大台を割り込んだようだ。

森友学園問題での渦中の人物の国税庁長官への転出人事に加えて、今度の8月の内閣改造では実の弟である岸信夫衆議院議員を外相として入閣させることを考えているようで、国民が納得できない人事を罷り通らせようとしている。

安倍総理が再び政権を投げ出す瞬間が近づいてくるのを待ち構えている人もいるが、本来受け皿となるべき民進党も音を立てて崩れ去ろうとしており、日本はどうなるのだろう。

福岡県民新聞のサイト内を検索

カテゴリー: J氏の独り言, その他政治経済, 福岡の政治経済, 福岡・博多の街の情報   タグ: , , , , , , ,   作成者: kenmin   この投稿のパーマリンク

Sorry. No data so far.