動き出した篠栗町食品産業団地~9月から伐採工事へ [2017年7月13日10:04更新]

九大篠栗 (13)

篠栗町が平成31年度上期に操業開始の予定で計画が進められている、「篠栗北地区産業団地」、通称「食品産業団地」計画は、当初の予定から若干遅れが出ていたが、9月から造成工事前の樹木伐採工事に取り掛かることになった。

計画では誘致する食品関連企業は6社で、現時点では5社が候補に上がっているものの、まだ契約したわけではない。

というのも、進出企業には造成工事代金を上乗せして売却するわけだが、町は前回述べたように、閉山した旧炭鉱から排出されたボタを撤去するのか、それとも外から搬入した土砂でボタを覆い尽くし、敷地をかさ上げするだけに留めるのか、という基本的な工事内容さえ決まっていない様子が聞かれるほど。

また町は、17万1200㎡にものぼる広大な敷地造成を地元企業1社に発注する計画を変えておらず、工期内に終えることができるのかも懸念されている。

したがって、土地の販売価格は決まっていないというのが正直なところだけに、町は候補企業と話し合いのテーブルにはまだ就けていない。

いずれにしても、篠栗町を上げての大型プロジェクトであるだけに、食品産業団地の早期着工と進出企業の決定で、本格的な稼動が開始されることを期待したいものだ。

福岡県民新聞のサイト内を検索

カテゴリー: 一行情報, 福岡の政治経済, 福岡・博多の街の情報   タグ: , , , , ,   作成者: kenmin   この投稿のパーマリンク

Sorry. No data so far.