安倍内閣御用達 ~ 読売新聞 [2017年7月1日09:09更新]

Œ¾—t‚ðŒð‚í‚·ˆÀ”{Žñ‘Š‚Æ“n•Ó‰ï’·

「勇将の下に弱卒なし」の言葉があるように、読売新聞西部本社には優秀な先輩が大勢いて、部下の記者を鍛え育てていたものだが、ある時期になり、ゴマスリ上手な茶坊主の、社会部部長が誕生してからは、特ダネもない代わりに、特オチもないという、実につまらない記事ばかりとなり、サムライ記者もいなくなった。

「読売新聞を熟読してください」と安倍総理が答弁するほどの読売新聞は、さすがに御用新聞といわれるだけあって、世論調査の数字も他社に比べると数ポイント高いと、多くの読者が感じているようで、最近は抗議の電話も多いように聞いている。

こうした中だから仕方のないことかもしれないが、首相官邸の記者クラブキャップ(持ち回りで現在は読売新聞)が、東京新聞の女性記者に対して怒っているようだが、自民党の
豊田議員並みの暴言だったといわれている。

前川喜平前文科省事務次官の行動を記事にしたあと、弁解記事の社会部長や、暴言男の官邸の記者クラブキャップ、読売新聞は気骨のある記者が干されて茶坊主集団と化しているようで、実に情けない新聞社になったものだ。

福岡県民新聞のサイト内を検索

カテゴリー: J氏の独り言, その他政治経済, 福岡の政治経済, 福岡・博多の街の情報   タグ: , , , ,   作成者: kenmin   この投稿のパーマリンク

Sorry. No data so far.