ささやかな人口増加 [2016年6月1日09:52更新]

川遊び~鳥取県智頭町

福岡市は幸いに人口が増えているが、地方では高齢化と過疎化が進んでおり、近い将来消滅する自治体を予想した資料もあるほどで、特に山間部の地域では社会生活共同体の維持が困難になりつつある、「限界集落」が深刻な問題になっている。
こうした自治体が多い中、過疎県の代表とも言われる鳥取県の南東部、岡山県津山市に近いほうの山間部にある、智頭町が話題になっている。
注目が集まっているのは「森のようちえん まるたんぼう」で、決まった園舎を持たず、森の中で毎日を過ごし、森を子どもたちの“まなびや”にするというもので、情緒豊かな子どもたちが育つという。
子どもたちが集まる算段として、智頭町は移住定住支援制度を備え、住宅・空き家情報も公開しており、アクセス数は上申しているようだ。
また近くでは、佐賀市富士町古湯地区の空き家を、地元住民が斡旋し若い人の移住を促進している。
家は人が住んで、朝夕に戸や窓を開けて、空気の入れ替えを行なわないと、どんなに立派な家でもたちまちのうちに傷み、朽ち果てていくものだ。
かつて片田舎に新しく移住してくる人は、中々受け入れて貰えなかったようだが、最近は若い人が住むことで、地域に活気が出てくるのを年老いた住民たちも喜び、特に古湯地区は温泉で知られ、福岡市にも車で1時間あれば行けるところであり、子どもが小さい家族にとっては住みやすい環境ではないだろうか。