カテゴリーアーカイブ: 福岡・全国のイベント情報

FSM主催~ミュージカル「明日への扉」福岡公演2017

プロのミュージシャンやダンサーだけでなく、音楽や演劇のスタッフになるための教育も受けられる、福岡スクールオブミュージック&ダンス専門学校では、毎年秋に学生たちの手によるオリジナルミュージカルを開催している。

そして、今年も9月20日(水)と21日(木)の2日間、福岡市民会館にて「明日への扉・Hospital Of Miracle(ホスピタルオブミラクル)」が上演される。

この公演は骨髄移植キャンペーンミュージカルで、募金活動も行い、集めた募金は財団法人夏目雅子ひまわり基金、公益財団法人日本骨髄バンクに寄付される。

【明日への扉 概要】
骨髄移植推進キャンペーンミュージカル
「Hospital Of Miracle」
期日:9月20日(水)、21日(木)
開場:17:00 開演:18:00
料金:4500円(税込・パンフレット付)
2000円(FSM・姉妹校 在校生・卒業生)
無料   (高校生以下)

【主催】
学校法人滋慶文化学園
福岡スクールオブミュージック&ダンス専門学校
福岡市博多区石城町21-2
フリーダイヤル:0120-717-263

天ぷら ~ 麺処あじ彩

福岡で美味しい天ぷらの店としては「ひらお」や「だるま」が挙げられるが、低価格であるだけに客の回転で稼いでおり、少々高くともゆっくり、また気軽に天ぷらを味わいたいとき、即座に思い浮かぶ店はなかなか少ない。

最近よく利用する店に、ホテルニューオータニ博多地下の「麺処あじ彩」があり、お手ごろの価格で美味しい。

先日訪れると、7月1日から8月31日までの期間、「美味しい旬間・福岡」と題して「宗像のあなごと、うきはのフルーツ」を呼びものとしたイベントをホテル内の飲食店で行なっていた。
そこでメニューの「あなごと蕎麦」を注文して、店長に葡萄の天ぷらを頼んでみた。

すると嫌な顔もせず、気持ちよく青い葡萄を用意して、目の前でサッと揚げてくれた手際のよさ、実に美味しい気持ちと夕飯になったことはいうまでもない。

おこさま オムライス&エビフライ~ ロイヤルホスト

今から概ね半世紀ほど昔、小学校に入るか入らないか頃の話、百貨店の最上階に必ずあった大きな食堂で、普段とは違う装いでお子様ランチを食べるのはなんとも言えず嬉しかったものだが、小学校3年生から4年生になると、大人が食べているものも欲しいし、お子様ランチも手ばなせないと、おおいに迷ったような記憶がある。

だからというわけではなかったのだが、“ロイヤルホストは、お子さまの「あれもこれも食べたい」「おとなと同じものを食べたい」という思いを叶えた「おこさま オムライス&エビフライ」を7月19日(水)から全国のロイヤルホストで販売いたします。”という文章を見て、だれでも同じことを考えていたんだなと思ったものだ。



●ロイヤルホストのキッズメニューラインアップ
「おこさま オムライス&エビフライ」 880円
ハッシュドビーフソースと、タルタルソースをトッピングしたエビフライのワンプレート、コーンポタージュ付。
「おこさま よくばりBOX(ハンバーグ)」 580円
オーストラリア産の牛肉を使ったハンバーグ2個入り。
「おこさま よくばりBOX(ミートソース))580円
細かく刻んだ野菜が入ったミートソーススパゲティ。
「バジーちゃんパンケーキ」 360円
キャラクター・バジーちゃんが粉糖で描かれたパンケーキは、オーダーを受けてから焼かれている。

このほか、低アレルゲンメニューの「おこさま カレーライス」(450円)や「おこさま ハンバーグプレート」(450円)もある。

【概要】
●おこさま オムライス&エビフライ
期間:7月19日(水)
店舗:全国ロイヤルホスト218店
プレミアムロイヤルホスト住吉店・駒沢店、沖縄ライカム店を除く
時間:11:00~22:00予定
対象:小学生以下のお子さま

第37回共創展~カンサイフェア

九州一円に営業所を展開している地場筆頭の電材商社の㈱カンサイ(忍田勉代表)は、今年も恒例の「カンサイフェア」を7月28日(金)から7月30日(日)までの3日間、福岡国際センターで開催する。

協賛メーカーは、家電や照明、住設機器はもちろんのこと、電動工具やベッド、食品、菓子メーカーまで138社が出店、山本華世さんやアビスパ福岡の井原監督もゲストとして迎えられ、仮面ライダー1号や仮面ライダーエグゼイドショーも開かれる。

また毎日お昼12:00からは、お得なオークションがあり、ジャストタイムオークションの後は飴のつかみ取りもある。

カンサイ北海美味街道、縁日横丁、電動アシスト自転車試乗コーナーもあれば、おいしさみなぎるカンサイフードコート、美容コーナー、雑貨コーナー、そしてミニセグウェイの試乗コーナーもある。

【第37回共創展 カンサイフェア】
会場:福岡国際センター
日時:7月28日(金)、29日(土)、30日(日)
9:00~19:00 最終日のみ18:00まで
交通:無料シャトル便
JR博多駅筑紫口 → 福岡国際センター
8:30より30分間隔で運行 18:00まで
福岡国際センター → JR博多駅筑紫口
10:00より30分間隔で運行 19:00まで

壱岐・郷ノ浦港沖スタート → 福岡小戸ゴール ヨットレース 2017

夏の玄界灘を疾走するヨットレース、「壱岐―福岡ヨットレース2017」が今年も7月17日(祝)に、24艇の参加で開催される。

博多ヨットクラブ(山田義二会長)が主催するもので、7月17日(祝)壱岐市郷ノ浦港沖を午前8時スタートし、福岡市西区小戸沖がゴール、タイムリミット午後5時、航程約34マイルのレース。
表彰式は午後6時から、福岡市ヨットハーバークラブハウス2階で。

7月16日(日)18時から20時まで、壱岐市郷ノ浦東触のあまごころ本舗で開かれる前夜祭には、出走する24艇のメンバーのほかに、前夜祭のみ出席する4艇のクルーも参加する予定。

ちなみに、西区小戸の福岡市ヨットハーバー内に事務局を置いている「博多ヨットクラブ」は、毎年3月から11月まで毎月第3日曜日(9月のみ第1と第3日曜日)の10回、博多湾内外でレースを楽しむ、クルーザーヨットレースを定期的に開催しており、12月には懇親会を兼ねた、表彰式を開いている。

後援:壱岐市、壱岐市観光連盟
協賛:博多港開発・ササキコーポレーション共同事業体

お問い合わせは下記まで
博多ヨットクラブ
福岡市西区小戸3-58-1 福岡市ヨットハーバー内
事務局担当:白石伸彦
mail:tomyamkn@flute.ocn.ne.jp

福岡大学同窓会「有信会」 会員大会講演会 ~ 手嶋龍一氏が講演

九州最大の学生数を誇る福岡大学の同窓会組織、一般社団法人福岡大学同窓会有信会は、元NHKワシントン支局長で外交ジャーナリストの手嶋龍一氏を講師に招き、「平成29年度会員大会講演会」を6月17日(土)16:00からホテルニューオオタニ博多で開催した。

演題は「トランプ政権の針路を探る~日米同盟と東アジア情勢」。

北朝鮮問題で緊張感が増している東アジアの中で、日本が今後直面する問題とは、というのがテーマで、近い将来、台湾と中国の間で紛争が生じた際に、日米安全保障下にある日本はいかなる道をとるべきか、それが最大の焦点になるだろう、と語っていたことが印象的だった。

東アジアの問題が日本にとって如何に身近で重要な問題であるかという点を、満席の来場者は再認識させられることになった。



上の写真は講演会終了後、懇親会席上で挨拶する山口政俊福岡大学学長。

35年目のカレーフェア ~ ロイヤルホスト

ロイヤルホストでは、今年で35年目を迎える夏のカレーフェアを、7月5日(水)から8月下旬の予定で、全国220店舗にて開催する。

35年目のカレーフェアは、伝統を受け継ぐカレー「カシミールビーフカレー」(税込1382円)と、新作のスパイスを効かせたスープカレー「10種の国産野菜とポークのスープカレー」(税込1706円)など全5品。

「35年目のロイやルターリ2種のカレー」(税込2030円)は、1万4538票の投票から決定した注目のカレー、「ザ・ロイヤルシェフカレー(ビーフ)」と「チキン“コフタ”のカレー」の2種を、ロイヤルオリジナル洋食ターリとして提供される。

このほかにも、「海老のフレンチカレー」(税込1814円)、「マハラジャチキンカレー」(税込1166円)に加え、各種トッピングやドリンクセットも豊富。

【概要】
期間:7月5日(水)~8月下旬 予定
時間:11:00~22:00 予定

下の写真は「10種の国産野菜とポークのスープカレー。

東京都議会と安倍総理支持率

安倍内閣の支持率は下がっているのだろう。
先日、自民党が行なった世論調査の数字は誰かが握りつぶし、結果が公表されないため、かなり数字が悪いのだろうと、自民党の先生方の間では噂になっている。

一方、民進党は労働組合と蜜月の仲と思っていたら、東京都議会での連合の組織内候補は、全員が都民ファーストの会へ移籍しており、民進党候補は浮き足立っている。

国会を延長すれば東京都議会選挙に影響するため、蓮舫代表は責任問題になることを恐れ、あれほど攻めていた加計学園問題も、某審議官の首を切るだけに留め、トカゲの尻尾切りで幕を下ろすようだ。

国民も民進党には期待していず、また安倍総理は解散に追い込まれずに国会を乗り切るかもしれない。
だが、自民党の支持率は下がらないものの、安倍総理の支持率は次第に下がることが予想され、政権を投げ出すことを期待している人の笑顔が目に浮かぶ。

竹の照明展

竹細工の作家や職人は、大分県でも数多く在住しているが、日田市の竹細工作家、篠原洋之氏は自宅から100mも下れば福岡県うきは市となる場所で生活し、仕事場を持っているため、毎日大分県と福岡県を行ったりきたりしているようなものだ。

若い篠原洋之氏は、現代アート作家としての感性と、竹細工師として特有の繊細な職人芸を持っており、また韓国の芸術家グループとの交流し、アートの共同活動作業にも参加している、将来楽しみな作家の一人だ。

今回の「竹の照明展」は、篠原洋之氏が亀の井別荘内の「庄屋ギャラリー」で個展を開いた際に作品が気に入ったので、ぜひ福岡でも個展を開いたらどうか、と勧めたところ、糸島在住の前原正広氏ご縁あって、今回の開催に至ったということだ。

― 竹の照明 -
日時:6月12日~6月18日
場所:ギャラリーとくなが
TEL:092-733-3090



 

夢みるこども基金~夏のイベント

全国の歯科医院から提供された歯の金属冠を財源に設立された「夢みるこども基金」は、今年も「夢を叶えるこどもたち~羽ばたけ未来へ~」をテーマに第23回夏季イベントを開催する。

① イベント前夜祭
7月29日(土)
11時45分 アクロス福岡608号室で、ミーティング
その後、バスで「夢みるこども基金の森」へ移動
「自然教室」と樹木や野鳥の観察、秘密基地作りなど
夕食はバーベキュー
こどもたちと、遠方からの出席者はホテルに宿泊

② イベント「羽ばたけ未来へ」
7月30日(日)
開催 13時
会場 西南学院大学 コミュニティーセンター
福岡市早良区西新6-2-92
講演 参議院議員 古賀ゆきひと氏(予定)
元FBS福岡放送アナウンサー
発表 夢を叶えた、また叶えつつある、かつてのこどもたち
閉会 16時

お問合せ
夢みるこども基金事務局
福岡市中央区赤坂1-12-6
TEL:092-751-0021