カテゴリーアーカイブ: 福岡・全国のイベント情報

荘内藩の贈り物 ~ 2017 冬ギフト

旧・荘内藩は、徳川四天王の筆頭、酒井忠次氏につらなる譜代名門の武家で、出羽国田川郡庄内の地を知行し、鶴ヶ岡城を築いた。

そして㈱荘内藩は、第19代酒井忠順氏が、旧家臣の子孫とともに運営する、山形県産農産物の生産と販売に勤しむ企業。

その㈱荘内藩が、冬ギフトとして選りすぐった贈り物の中に、山形県が全国一の出荷量を誇る「啓翁桜」がある。

冬に花を咲かせる「桜」で、お正月の飾りや結婚式、卒業式などを演出する花として注目を集めており、12月中旬から3月まで観賞用の切り枝として全国に出荷されている。
○荘内藩の啓翁桜
内容:10本
価格:4000円・税抜
お届:12月下旬~2月下旬
年内お届け:12月11日(月)注文締切



糖度14度以上・熟度7%以上・果形も良好という最高基準をクリアしたラ・フランスだけに与えられる称号、山形セレクションに認定された商品が、
○スーパーラ・フランス
内容:約3kg(8~10玉)化粧箱入
価格:4200円・税抜
産地:天童市

通常のふじりんごが収穫を終えた後も糖度と蜜入りを待ち、雪がちらつく11月下旬ころから収穫するのが、
○樹上完熟ふじりんご
内容:約5kg(14~16玉)化粧箱入
価格:5000円・税抜
産地:東根市



遠赤外線を使って庄内柿を干柿に仕上げたのが
○干柿 柿の詩
10~12個(箱入)・2600円(税抜)
18個(箱入)・3500円(税抜)
産地:鶴岡市松ヶ岡農場

だだちゃ豆と十穀のもちもちふっくらおこわ
○荘内藩おこわ
二合分パック×2(箱入)・1500円(税抜)
二合分パック×3(箱入)・2250円(税抜)
二合分パック×6(箱入)・4500円(税抜)

●お問い合わせ
株式会社 荘内藩
山形県鶴岡市上畑町10-28-1302
サンデュエル鶴岡公園
TEL:0235-33-8901
FAX:0235-33-8902
URL:www.shonaihan.co.jp/

第13回「はたらくすがた」アイデム写真コンテスト~福岡から2名入選

総合人材情報サービスの㈱アイデム(東京都新宿区 椛山亮代表)が主催し、今年で13回目を迎えたアイデム写真コンテスト「はたらくすがた」では、このたびグランプリなど受賞作品を決定、11月23日(木・祝)にアイデム本社で表彰式を行なう。

「はたらくすがた」写真コンテストは、小学生から中学生、そして高校生までの子どもたちが、身の回りの大人の働く姿をテーマに、働くことの素晴らしさや大切さを写真で表現し、子どもたちが仕事について考えるきっかけになることを願い、アイデムが平成17年から開始している。

今回も福岡から出品した児童2名が受賞している。

小学生の部から1点選ばれる、冨士フィルム特別賞を受賞したのは、福岡市立松島小学校4年生の原口ひなたさんの「親孝行」で、去年の小学生の部グランプリに続く2度目の入賞。



小学生の部で佳作に選ばれたのは、同じ松島小学校4年生の長池綾人くん。
和菓子職人のお父さんの、手づくり和菓子の実演の様子。



【受賞作品展】
期間:11月16日(木)~11月29日(水)
時間:10:00~18:00 最終日は15:00まで
料金:無料
場所:アイデムフォトギャラリー「シリウス」
東京都新宿区新宿1丁目4-10/東京メトロ「新宿御苑前」より徒歩2分

入選作品など、詳しくは、「はたらくすがた」で検索。

第24回 陶友祭 ~ 工房 陶友

今年も、障害ある仲間たちの作業所「工房 陶友」で、お祭りが開かれる。
「工房 陶友」は、障害者が自立できるように、陶器や紙すきの絵葉書、うきは産大豆使用の豆腐などの製造を習得し販売しているもの。

平成4年に開所してから、毎年11月初旬の今ごろ、陶器や絵葉書などの作品の展示即売やステージ発表、またフリーマーケットや、屋台コーナーなどの「陶友祭」を開催している。



【陶友祭】概要
日時:11月11日(土)11:00~16:00
11月12日(日)11:00~15:00
場所:工房 陶友 (伝照寺敷地内)
福岡市中央区地行1-15-18
TEL:092-771-5517
FAX:092-771-5621
共催:伝照寺、陶友応援団「ゆうゆう」

100万星のパノラマスターナイト ~ 天神モノリス

長浜のKBC隣りの天神モノリスは、ウエディングプロデュース・レストラン運営の㈱ノバレーゼ(東京都中央区、荻野洋基社長)が経営する、結婚式場で宴会専用レストラン。

この天神モノリス、夏には期間限定で「アメリカンBBQビアガーデン」を開催しているが、10月29日(日)には一夜限りの無料イベントを開催する。

これはノバレーゼが全国に展開している婚礼施設で、10月21日(日)の姫路モノリスをスタートに、来年2月12日(月祝)の高崎モノリスまで、11会場を一般開放して開催している「プラネタリウム100万星のパノラマスターナイト」の一環。

【イベント概要】
場所:天神モノリス
福岡市中央区長浜1-1-12
TEL:092-717-8866
期日:10月29日(日)
時間・内容:18:00~21:00 最終来店 20:30
キャンドル約1000本による灯りの演出
プラネタリウムのショー(上映時間10分、約15分間隔で上演)
19:30~20:30 ミニコンサート(各回約15分)

料金ほか:無料、予約不要、年齢制限、入場制限なし

詳しくは、「天神モノリス」で検索ください。

現代風のテキスタイル ~ 石北有美 型染展

日本の古き良き染めや織の技法や世界各地の伝統的な職人の技術を、現代の洋服に落としこんだオリジナル商品を取り扱っている、ティグルブロカンテは、福岡のアパレルメーカーである、㈱天空丸の直営本店。

ティグルブロカンテにて、10月21日(土)から29日(日)までの8日間、伝統的な型染め技法でオリジナル生地を製作している染色家でグラフィックデザイナー、石北有美さんの展示会が開かれる。

石北有美さんの作品は、草花や風景など、身近なモチーフを現代風にアレンジした、彩り豊かで華やかな作品で、バッグなどの小物やデザインをプリントしたスマホケースや洋服なども展示即売される。

【石北有美 型染展】概要
日時:10月21日(土)~10月29日(日)
12:00から20:00
21日と22日は作家在店
会場:ティグルブロカンテ
福岡市中央区警固2丁目3-26
TEL:092-761-7666
作家:石北有美
染色家・グラフィックデザイナー
広島県福山市在住
国展・美術の春入選2回、新人賞受賞
日本民藝館展入選、奨励賞受賞

【会社概要】
社名: ㈱天空丸
代表:野崎正光
本社:福岡市中央区警固2丁目3-26

「つくること できること展」東京藝大同窓生による復興応援プロジェクト

陶芸の里小石原で、父・鬼丸翁明氏とともに小石原焼を制作する傍ら、青白磁の制作者としても多数の受賞歴を持つ、翁明窯元の鬼丸尚幸氏は、東京藝術大学博士課程を修了した美術博士。

小石原は7月の九州北部豪雨で被災し、鬼丸尚幸氏の工房は水浸しとなったが、幸いにして窯の被害は少なかった模様。

これを聞いた、同じ福岡出身で、東京藝術大学美術学部工芸科の西山陽氏が同窓生に呼びかけて開かれるのが匠の友情展、「つくること できること展」で、今日、9月26日(火)から「ギャラリーとくなが」で開かれる。

【作品出品は次の方々】
青木伸介   漆芸
青木宏憧   漆芸
磯崎えり奈  彫刻・インスタレーション
纐纈浩美   彫金
サイトウナオコ  絵画・鋳金・ジュエリー
佐々木悠佳  染織・出品作品は銅版画
島崎友紀子  ジュエリー・アクセサリー
白木麻子   現代美術
高野絵里   陶芸
田口史樹   彫金
山田菜々子  テキスタイル
企画立案・呼びかけ人
西山陽    漆芸

【つくること できること展】概要
日時:9月26日(火)~10月1日(日)
11:00~19:00 最終日は17:00終了
場所:ギャラリーとくなが
ロシア料理ツンドラ横

10月23日は「じゃがりこの日」 ~ タワーケーキ!

今日、9月22日は、フィットネスの日であり、ラブラブサンドの日、デルちゃん
誕生の日、そして禁煙の日だそうな。

こうした記念日は、一般社団法人日本記念日協会(長野県佐久市、加瀬清志代表理事)の認定を受けて制定されるもののようで、カルビー㈱(東京都千代田区、伊藤秀二社長)は、昨年「じゃがりこ サラダ/チーズ」を発売したことを記念し、10月23日を「じゃがりこの日」とした。

この「じゃがりこの日」を広めることもあり、参加費無料の1023名学生限定イベント「じゃがりこパーティー」を東京、大阪、福岡、札幌の4都市で開催する。

詳しくは、下記のじゃがりこの日、特設サイトをご覧ください。

https://www.calbee.co.jp/jagaricotower/1023/

【「じゃがりこの日」制定記念 じゃがりこパーティー「福岡会場」】概要
日時:10月14日(土)15時~18時(受付開始14時から)
会場:スカラエスパシオ
福岡市中央区渡辺通4丁目8-28 FTビルB2

犬や猫の殺処分・ゼロをめざして~十夢・トム チャリティーコンサート

毎年恒例となった、「十夢・トム チャリティーコンサート」は、犬や猫などの殺処分ゼロをめざして、山本十夢さんが開いているもので、今年で9回目。

コンサートの収益金は、動物管理センターから積極的に犬やネコを救出しておられるボランティアグループや、熊本地震の際のペットの受け入れ先となっている、九重のシェルターなどに提供されている。

【第9回 十夢・トム チャリティーコンサート 概要】
日時:10月6日(金) PM6:30~PM8:30
開場:PM5:30 ウエルカム演奏 PM:5:50
会場:福岡国際会議場 3F大ホール
チケット:大人3000円、高校生以下1000円 全席自由

【問い合わせ】
山本十夢(義裕)
TEL:092-673-0872 FAX:092-980-5143
携帯:080-5205-3172
チケットのお求めは、電話にておねがいいたします。



「Re Start 二人展」 ~ ギャラリーとくなが

西鉄グランドホテルの向かい側にあるロシア料理「ツンドラ」の隣り、ギャラリーとくながで、「Re Start 二人展」が開かれている。

プリザーブドフラワーの「フォーシーズン」を主宰する田代由紀子さんと、ステンドグラスの「グラスタカラコ」の宝和美さんの二人展で、9月18日(月)から9月23日(土)、11時から19時まで、開催されている。



 

アートフェアアジア福岡2017

9月9日と10日の両日、博多区のホテルオークラ福岡で、ユニークな現代美術展が開かれた。

今回で3回目の開催となる「アートフェアアジア福岡2017」は、中央区赤坂で「ギャラリーモリタ」を経営する、森田俊一郎氏が実行委員長となって開催したもので、ホテルオークラ福岡の9階フロア、37の客室をそのままギャラリーとして利用するもので、ベッドやサイドボードの上に直接作品が展示されており、壁面にも飾られており、1つの客室を国内外の画廊が1つずつ担当、展示された作品は画廊の特徴もよく現していた。



身近に作品を見ることが出来たし、彫刻なども作品によっては触れてみることも出きる企画展だったが、1つだけ苦情めいたことを言わせてもらえるなら、通常のギャラリーと異なり、客室は調度品もあり狭い場所だけに、作品の数と来場者の多さに圧倒されたのと、ゆっくり見てまわる時間も無かったし、休憩する場所も無かったため、心身ともに非常に疲れたのも事実だ。



写真は昨年の企画展の様子(出典:ファンファン福岡)