カテゴリーアーカイブ: 一行情報

新役員就任~福岡中央銀行

福岡県に密着した経営に特化している福岡中央銀行は、先月6月29日の定時株主総会および取締役会において、下記の通り役員が選任され、それぞれ就任した。

代表取締役頭取        古村 至朗
代表専務取締役兼北九州本部長 桒野 学
常務取締役          井桁 善廣
常務取締役          布施 圭一郎
取締役・総合企画部長     石塚 昭二
取締役・融資統括部長     草場 勇次
取締役・本店営業部長     山下 知成(新任)
取締役            倉富 純男(社外取締役)
取締役            林田 スマ(社外取締役)
常任監査役          力丸 光典
監査役            鎮西 正直(社外監査役)
監査役            道永 幸典(社外監査役)
監査役            行正 晴實(社外監査役・新任)

なお、代表取締役会長末松修氏は相談役(非常勤)に就任し、常務取締役國松利行氏、常務取締役中島健二氏、取締役藤原俊文氏、監査役永利新一氏は退任。

動き出した篠栗町食品産業団地~9月から伐採工事へ

篠栗町が平成31年度上期に操業開始の予定で計画が進められている、「篠栗北地区産業団地」、通称「食品産業団地」計画は、当初の予定から若干遅れが出ていたが、9月から造成工事前の樹木伐採工事に取り掛かることになった。

計画では誘致する食品関連企業は6社で、現時点では5社が候補に上がっているものの、まだ契約したわけではない。

というのも、進出企業には造成工事代金を上乗せして売却するわけだが、町は前回述べたように、閉山した旧炭鉱から排出されたボタを撤去するのか、それとも外から搬入した土砂でボタを覆い尽くし、敷地をかさ上げするだけに留めるのか、という基本的な工事内容さえ決まっていない様子が聞かれるほど。

また町は、17万1200㎡にものぼる広大な敷地造成を地元企業1社に発注する計画を変えておらず、工期内に終えることができるのかも懸念されている。

したがって、土地の販売価格は決まっていないというのが正直なところだけに、町は候補企業と話し合いのテーブルにはまだ就けていない。

いずれにしても、篠栗町を上げての大型プロジェクトであるだけに、食品産業団地の早期着工と進出企業の決定で、本格的な稼動が開始されることを期待したいものだ。

みどりのアシュラン

通称・県道5号線沿いの「ザ・モール春日」の先、500mほど南に走った左手、樹木につつまれた閑静な敷地、約1500坪ほどの中に、㈱アシュラン(大野城市 東孝章代表)の本社がある。
敷地の半分が緑で覆われ、本社や配送センター、レストランなどの建物群は全体像が見えないため、福祉施設か宗教施設かと見間違うほど。

このアシュラン、基礎化粧品のメーカーであり販売会社で、製造設備は鳥栖市弥生が丘にある。
ただその販売方法は、一時期マルチ商法の疑いでマスコミに取り上げられたことがあり、尋ねると「マルチ商法ではない」と打ち消したものの、「基本的にはアムウエイと同じ」と言うことだから、業界側の言葉に置き換えると、ネットワークビジネスということ。

アシュランのイメージカラーは「みどり」。
「みどりは安らぎを与えてくれるから」というのがその理由だそうだ。

ところで、5号線をはさんだ本社の真向かいに、来年9月完成予定でシティホテル、仮称「南大利ホテル」150室を建築中。
このホテルを建築する目的は、全国のアシュラン会員を定期的に集め、販売実績などをアピールし表彰する大会を開く際に、会場兼宿泊施設として利用するためのようだが、宿泊は招待ではないそうだ。

また建築中のホテル近くにある東社長の自宅、一説によれば約3000坪、その屋根も「みどり」で、犬好きの社長が犬を連れて出かけるときの高級車、ロールスロイスも「みどり」。
さきほどの表彰大会などでのスタッフのユニフォームは「みどり」。
このくらい徹底しているのだから、おそらくホテルも屋根は「みどり」で、ホテルの名前にも「みどり」ないし「緑」がつくかもしれない。

アシュランの年商は優に300億円を超えており、このまま行けば「みどり」に洗脳された顧客が増加していくことだろう。

自民党・第二勢力 誕生~新麻生派・志公会

予てより合流を意図していた、自民党麻生派・為公会と、山東派・番町政策研究所に、佐藤勉衆院議院運営委員長ほかの衆参国会議員が集まり、7月3日新派閥の「志公会」が総勢59名で発足、会長には麻生太郎副総理兼財務大臣が就いた。

これにより、新しい麻生派は額賀派の55名を抜いて、安倍総理の出身派閥である細田派の96名に次ぐ、自民党内の第2派閥となった。

【役員】
顧問      高村 正彦
顧問      甘利  明
会長      麻生 太郎
会長代行    山東 昭子
会長代理    鴻池 祥肇
会長代理    森  栄介
会長代理    佐籐 勉
副会長     山口 俊一
副会長     鈴木 俊一
事務総長    棚橋 泰文
事務総長代理    江渡 聡徳
事務局長    松本 純
事務局長代理    井上 信治

【会員】
「衆議院・44名」
麻生太郎     福岡8区
高村正彦    山口1区
甘利 明     神奈川13区
森 栄介       千葉11区
山口俊一     徳島2区
鈴木俊一     岩手2区
岩屋 毅     大分3区
河野太郎     神奈川15区
佐籐 勉     栃木4区
田中和徳     神奈川10区
棚橋泰文     岐阜2区
原田義昭     福岡5区
江渡聡徳     青森2区
松本 純     神奈川1区
井上信治     東京25区
伊藤信太郎       宮城4区
北川知克     大阪12区
あべ俊子     岡山3区
永岡桂子        茨城7区
丹羽秀樹     愛知6区
御法川信英    秋田3区
山際大志朗    神奈川18区
あかま二郎    神奈川14区
鈴木馨祐     神奈川7区
薗浦健太郎    千葉5区
ふくだ峰之     神奈川8区
武藤容治      岐阜3区
安藤 裕      京都6区
井上貴博    福岡1区
井林辰憲    静岡2区
今枝宗一郎     愛知14区
大見 正    愛知13区
工藤彰三    愛知4区
斉藤洋明    新潟3区
瀬戸隆一    香川2区
高橋ひなこ   岩手1区
中村裕之    北海道4区
中山展宏    神奈川9区
長坂康正    愛知9区
牧島かれん   神奈川17区
宮川典子    山梨1区
務台俊介    長野2区
山田賢司    兵庫7区
大隈和英    大阪10区

「参議院・16名」
山東昭子    比例(H25)
鴻池祥肇    兵庫(H25)
武見敬三    東京(H25)
有村治子    比例(H25)
塚田一郎    新潟(H25)
猪口邦子    千葉(H28)
大家敏志    福岡(H28)
中西健治    神奈川(H28)
中西祐介    徳島・高知(H28)
藤川政人    愛知(H28)
高野光二郎         高知(H25)
高橋克法      栃木(H25)
滝沢 求      青森(H25)
豊田俊郎        千葉(H25)
渡辺美知太郎    比例(H25)
今井絵里子     比例(H28)

「特別会員・2名」
船橋利実    北海道1区
白石寛樹    愛知3区

表題および上の写真は産経ニュースより。

九州リースサービス~新役員選任

総合リース事業の㈱九州リースサービスは、先月6月27日開催の株主総会ならびに取締役会において、役員が選任され、それぞれ就任した。

代表取締役会長  藤丸 修
代表取締役社長  古賀 恭介
専務取締役    中野 茂
常務取締役    檜垣 亮介
取締役      黒瀬 健男
取締役      野中 康平(新任)
取締役・非常勤  柴田 暢雄 コカ・コーラウエスト㈱代表取締役会長
取締役・非常勤  眞鍋 博俊 ㈱博進社代表取締役会長
取締役・非常勤  高岡 淑雄 ダイエットフード㈱代表取締役
常勤監査役    泉 和文
監査役・非常勤  山本 智子 山本&パートナーズ法律事務所弁護士
監査役・非常勤  古池 善司(新任)㈱サン・ライフ代表取締役社長

なお、非常勤監査役の久保康憲氏は退任。

南アフリカ共和国・車いすテニス選手団~事前キャンプ地に飯塚市が決定

飯塚市は、2020年・平成32年の東京パラリンピックで、南アフリカ共和国車いすテニス選手団の事前キャンプ地として誘致していたが、先日6月28日同国オリンピック委員会からキャンプ地に内定、また他のスポーツ種目についても協議中との連絡を受けたことを発表した。

飯塚市は平成27年から誘致・支援実行委員会を設立し、南アフリカ共和国車いすテニス協会関係者にアプローチしていたもので、約2年半の努力が実ったことになり、片峰市長をはじめとする関係者は安堵した。

市長も就任直後の4月8日から13日までの6日間、南アフリカ共和国を訪れ、関係者に受け入れ体制が確立していることなどを説明、翌5月には国際テニス連盟公認の「飯塚国際車いすテニス」に南アフリカ共和国の関係者を招致するなど誘致に力を入れていた。

片峰市長は、「やっとスタートラインに立てました。車いすテニスと言えば飯塚と、国内外から認知されるよう、2020年に向けて対応したい」とコメントした。

だが喜んでばかりもいられず、今後の懸案事項として、選手や関係者の宿泊施設の課題が残されている。

誠新産業~新役員選任

電気エネルギーに関する資機材全般を取り扱う総合商社の誠新産業㈱は、この度の定時株主総会ならびに取締役会において、下記の通り役員が選任され、それぞれ就任した。

代表取締役社長      森崎 芳廣
常務取締役・営業本部長  長尾 靖高(昇任)
取締役・業務管理部長   林 一城
取締役・電力事業部長   瀬戸口 幸洋
取締役・電設事業部長兼電設営業部長
園田 和彦(新任)
取締役・非常勤(九州電力上席執行役員)
小野 利喜
取締役・非常勤(東神電気代表取締役社長)
寺岡 龍彦
監査役・非常勤      為田 和美

なお、前常務取締役今泉豊氏および大黒良明氏は退任。



森崎芳廣代表取締役社長。

アメリカンジム本店移転・ビッグキャンペーン~入会金無料・プロテイン付

「無料でプロが指導するトレーニングジム!」として知られ、福岡市で最も古い34年の業歴を誇るアメリカンジムは、このたび大名にあった本店を移転、6月26日から赤坂のハローワーク横の日新ビル2Fにオープンした。

これを記念して、7月末までに入会すれば、入会金1万円と7・8月分の会費が無料で、さらにプロテイン付きという、「アメリカンジム本店移転ビッグキャンペーン」を開催中。 

アメリカンジム
赤坂店:福岡市中央区赤坂1丁目6-15 日新ビル2F
TEL:092-761-8058
千代店:福岡市博多区千代1丁目9-11 AGビルB1
TEL:092-632-8619
姪浜店:福岡市西区石丸2丁目43-22
TEL:092-834-5606

詳しい料金関係は、アメリカンジムホームページ「料金システム」をご覧ください。
表題の写真は、アメリカンジム千代店。

山本幸三地方創生大臣 ~ 「文化学芸員がガン」の真意は?

政治家の失言、放言、暴言が安倍政権下では特に目立っており、中には「何でそういう発言?」という、理解不能なコメントもあるが、その最たるものとして挙げられるのが今年4月16日、大津市の講演会席上で語られた「一番のガンは文化学芸員」という、山本地方創生大臣の発言だろう。

聴衆はもちろん、マスコミ関係者も首を傾げていたようだが、どうやらこの発言、昨年夏ぐらいから、山本幸三大臣の秘書が、京都のもみじで有名な門跡寺院の売買話しを持ち歩いていたことが遠因のようだ。

昨年11月17日にこの記事で紹介した「京都の有名な門跡寺院の売買話と、持ちまわる現職大臣秘書官」の現職大臣とは、山本幸三地方創生大臣のことだった。

この門跡寺院、本尊の不動明王は鎌倉時代の作。
国指定の重要文化財もあり、260年間にわたり歴代の住職らが綴った日記も残されている。
また幕末には、明治の元勲も居住していたという由緒ある寺院。

いくら建物が老朽化し、住職が高齢とはいえ、売却話はないだろう、と普通の人は思うのだが、山本幸三地方創生大臣の秘書はこの寺院の売却話しを持ち歩いていたそうだ。

約1年後に、山本大臣が意味不明のかんしゃく玉を破裂させたのは、学芸員の反対で売却話しが流れたからで、学芸員を悪者に仕上げたかったのでは?という噂が、関係者の間ではまことしやかに流れている。

前回の記事はコチラから。

台湾製大型観光バス~筥崎宮境内でお披露目

博洋自動車㈱(粕屋郡須恵町 吉田佳史代表)は、台湾の自動車メーカー、ジャーマモータースに発注していた大型観光バスが完成、輸入されたため、先日6月22日東区筥崎宮境内で、関係者や報道陣を集めて発表会が行われた。

会場の筥崎宮には多くの関係者が早くから集まり、車内で行われた今後の計画などの説明にも質問が寄せられ、台湾製バスに対する関心の高さが示されていた。

詳細をお知りになりたい方は、下記までお問い合わせください。

●問い合わせ
博洋自動車㈱
本社:粕屋郡須恵町植木1425-1
TEL:092-937-7557
FAX:092-937-7600
Mail:hakuyo.y.yoshida@gmail.com